これがマツダの直6エンジン&FRクーペ?またまたどこかで見たことのある画像が海外サイトにてリークしていた件

~「300系ランクル」に続いてFRクーペもまさかのリーク?~

以前より大きな注目を集めているマツダの新デザインが採用されるであろうラージプラットフォーム並びに直6エンジンを搭載する新型4ドアFRクーペ。
まだまだどういったデザイン性が採用されるのか、どういったスペックとなるのか、どれだけのサイズ感になるかについては明確になっていないものの、自動車情報誌ベストカーでは、2022年にデビューすると説明し、ほとんどのスペックを予想、更には完成予想レンダリングを公開していました。

今回ベストカーが公開していた予想レンダリングが、またもや海外の自動車ニュースサイトmoter.esにて取り上げられていたので紹介していきたいと思います(以下ソースの記事は既に削除されている模様)。

スポンサーリンク

~早速4ドアクーペの予想レンダリングを見ていこう~

今回moter.esがとり上げたレンダリングが直6&FRクーペとなるわけですが、厳密には4ドアFRクーペボディといったところで、メルセデスベンツ「CLS」をイメージさせるような流麗なボディラインに加え、ドアハンドルはシームレスなドアパネルとの一体感を表現するためにポップアップ式に。

フロントエンドはこれまでマツダがデザインしてきたシグネチャーウィングを採用せず、フロントグリルはヘキサゴン形状、そしてメッシュデザインではなく水平基調のフラットバーを装備したラグジュアリー感が漂うデザインとなっていますね。

フロントヘッドライトもかなり切れ長となり、レクサス「UX/CT」のようなL字チックなLEDデイタイムランニングライトと、小型三眼っぽいLEDヘッドライトも搭載。

また足元のホイールデザインも非常にスポーティでかなりの軽量化が施され、ブレーキキャリパもスポーティ感を高めたレッドカラーに塗装しています。
ちなみにボディサイズについては、4,800mm程の全長と1,900mmに近いワイドな車幅を持つとのことで、輸入車に一切引けを取らないサイズ感となっています。

~実は2ドアクーペの予想レンダリングも…~

ちなみにこちらも公開されていた同じラージプラットフォームを採用した2ドアクーペ版。
フロントグリルはスポーティなメッシュデザインで、ホイールもスパイラルチックとなり、先ほどラグジュアリー感をテーマにした4ドアクーペよりも、個人的にはこちらの方が好みだったりします。

エンジンは変わらずの直6となるそうですが、敢えてエントリグレードのような直4エンジンを搭載しても売れるような気もするんですけどね…

☆★☆マツダ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor.es

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう