ランボルギーニ初のハイブリッドハイパーカー「シアン(Sian)」が発表前日に完全リーク。「アヴェンタドール」ベースながらもその価格は約3.8億円?!

~やはり発表日前日に完全リークしてしまった模様~

2019年9月4日に世界初公開予定だったランボルギーニ初のハイブリッドハイパーカー「LB48H(Unico)」が、発表前日に完全リークするという事態に。

これまで公開されてきたティーザー画像より、フロントエンドのヘッドライトはY字デザインの非常にユニークな形状となり、フォグランプ等は一切無し、LEDデイタイムランニングライトと併用されるかも不明なままですが、これまでに無いランボルギーニの新しいスタイルとなります。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~そのデザインは複雑ながらも統一性と美しさも備わっている~

足もとのアルミホイールは、非常に複雑なデザインとなるマルチスポークタイプで、最近のトレンドにもなっているブロンズカラー仕上げ、そしてブレーキキャリパはスポーティなレッドにてペイントされていますね。

サイドドアパネルのプレスラインには、フロントのヘッドライト同様にY字ラインが確認できますが、これは光の反射によってたまたま映し出されたものなのか、それともランボルギーニが意図してデザインしたものなのかは不明。
いずれにしてもY字を統一させた美しい一台となる可能性が高そうです。

リヤエンドを確認することはできませんが、リヤウィングらしきところにランボルギーニの創業年である1963年の”63”が表記されていますね。
ちなみに「シアン」は、クーペとロードスター共に世界限定63台ずつ販売されるとのこと。

そして車両名称については、どうやら「シアン(Sian)」という名称がつくとのことですが、これについては発表日当日まで何とも言えないところではあるものの、車両本体価格(もしかすると総支払額?)は約3.8億円と「ヴェネーノ(Veneno)」並みの超高額モデルとなっています。

パワートレインは、「アヴェンタドール」がベースになるとのことですから、排気量6.5L V型12気筒自然吸気エンジン+電気モータを採用したマイルドハイブリッドを採用する予定で、システム総出力800hpもしくは1,000hpを発揮すると言われています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

!! , ! 12 + (770 ⛽+ 30 ⚡= 800 !!!) ̀ @lamborghini , @pogforever @rana65556 ..

SPG.001 さん(@spg.001repost)がシェアした投稿 –

☆★☆ランボルギーニ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう