2020年モデル・日産の新型「パトロール/アルマーダ」が発表前にリーク!一部カモフラージュされるも、そのデザインがほぼ明らかに

~まさか日産のグローバルモデルが発表前に完全リークするとは…~

以前、日産のフェイスリフト版となる2020年モデル・新型フルサイズSUV「パトロール(Patrol)/アルマーダ(Armada、北米仕様/日本名:サファリ)」のレンダリング画像が公開されていましたが、今回遂に発表前でありながらもそのフロント・リヤデザインとインテリアの一部がリークしています。

海外自動車ニュースサイトCarscoopsの情報によると、今回リークした個体は、ドバイの自動車販売店の外にて待機している車両をキャッチしたものであり、フロントのVモーショングリルの一部がカモフラージュによって隠されているものの、ほぼそのデザイン性が明らかになっていることがわかりますね。

スポンサーリンク

~改めて新型「パトロール」のフロントデザインを見ていこう~

今回のフェイスリフトモデルは、現行モデルに比べてC字形状のLEDデイタイムランニングライトが組み込まれた三菱色が全く無い、日産独自のデザイン言語を採用しています。

Vモーショングリルはかなり大口化していることはもちろん、ヘッドライトの真下にはブラックにて仕上げられた新たなエアインテークとC字形状のクロームフレームに囲まれたフォグランプが搭載されていることが確認できます。

~リヤデザインもかなりダイナミック~

リヤエンドを見ていくと、リヤテールランプはフロント同様にC字形状を上手く取り入れていて、水平基調のストリップタイプとなるクロームアクセントも高級感があって非常にグッド。
日産のフラッグシップモデルらしい存在感があります。

~インテリアも高級感満載!~

インテリアもかなり高級感がありますね。
ダッシュボード上部にはインフォテイメントシステムを搭載する大型タッチスクリーンが設置され、その下には空調などを設定するための新たなタッチパネルディスプレイが設けられています。

センターコンソールの運転席側には、ギアシフターとロータリーダイヤルが設けられていて、更にシートはレッド系に近いスポーティ且つ高級感のあるレザーを採用しています。

~エンジンは従来のままながらも、”Nismo”登場の可能性も?!~

気になるパワートレインについてですが、従来通り排気量4.0L V型6気筒エンジン(最高出力275hp)と排気量5.6L V型8気筒エンジン(最高出力400hp)の2種類がラインナップされます。
発表時期については、2019年秋頃を予定していますが、もしかすると少し遅れたタイミングにてハイパフォーマンスモデルとなる「パトロールNismo」も登場すると思われ、これについては最高出力428hpを発揮すると予想されています。

☆★☆日産・インフィニティ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう