【世界限定750台のみ】2020年モデル・BMW新型「M4 Edition M Heritage」が登場!ボディカラーは3色のみ、カーボンパーツ満載の特別な1台に

~BMWが突如として「M4」ベースの世界限定モデルを発表~

BMWのハイパフォーマンスモデル「M4」をベースにした、2020年モデルの特別限定版「M4エディションMヘリテージ(BMW M4 Edition M Heritage)」が世界初公開されました。

このモデルは、1972年に創立したM GmbHへの敬意を表した特別な一台ということで、世界限定750台のみ販売されることが決定しました。

スポンサーリンク

~この限定モデルでしか得られない特別なオプションが全て標準に~

ボディカラーとしては、右から「イモラレッドⅡ」と「ベルベットブルー」、そして「ラグナセカブルー」の3色のみがラインナップされます。

更には、BMWが”特別な製造プロセス”によって実現したトップルーフにカーボンファイバ繊維強化プラスチック(CFRP)と、3色のオフセットストライプを追加した豪華な組合わせを標準にて採用しています。

足もとについては、オービットグレー仕上げとなる20インチアルミホイールを装着し、フロント265/30 R20/リヤ285/40 R20のパフォーマンスタイヤを装着しています。

インテリアについては、ラグナセカブルーの外装についてはターコイズブルーステッチが施されたシルバーストーン/ブラックレザーシートを標準装備し、ベルベットブルーの外装についてはブルーコントラストステッチを施したシルバーストーン/ブラックレザーシート、そしてイモラレッドⅡの外装についてはレッドコントラストステッチが施されたレッド&ブラックのレザーシートが標準装備されています。

その他については、メリノ・レザーMスポーのフルシートや「1/750」のロットが表記されたEdition M Heritageロゴがサイドシルに標準装備されています。

~エンジンやパフォーマンスは同じながらもメカニカル面では様々なセットアップが施されている~

気になるパワートレインについてですが、コンペティションパッケージを設定した「M4」がベースになっているとして、排気量3.0L 直列6気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力444hp/最大トルク550Nmを発揮。
直線のパフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が3.8秒、最高時速は250km/hにまで到達するとのこと。

なお、その他のパフォーマンス性については、新しいショックやスプリング、アンチロールバー含むアダプティブMサスペンションが微調整されているとのことで、ハンドリング性能が改善され、更には走行モードについても再セッティングを施し、アクティブMディファレンシャルとダイナミック・スタビリティ・コントロールシステムも調整されています。

この特別モデルは、2019年末より生産スタートするとのことで価格帯には近日中に明らかになるとのことです。

☆★☆「M4」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう