フルモデルチェンジ版・トヨタ新型「ハリアー(Harrier)」が2020年5月に登場する?本当かどうか実際にトヨタディーラにて聞いてきた!

~どうやら本当に2020年5月に登場するようだ~

via:https://toyota.jp/

さて、8月26日に日刊自動車新聞がリリースした情報にて、フルモデルチェンジ版となる4代目の新型「ハリアー(Toyota Harrier)」が、2020年5月に前倒しで登場するという衝撃的な内容を明らかとしましたが、これについて実際にトヨタディーラに訪問して確認したところ、どうやら本当であることがわかりました。

既に各ディーラにおいて、この情報は伝達されているそうで、次期「ハリアー」に関する詳細情報までは明らかにされていないものの、概ねどういったスペックとなり、どういったエンジンが搭載されるかまではわかっているようです(あくまで概ね)。

スポンサーリンク

~販売チャネルの統合にあわせて主要モデル「ハリアー」が新型第一号に~

via:https://toyota.jp/

トヨタは、2020年春頃を目安に、現在4つの販売チャネル(トヨタペット/カローラ/ネッツ/トヨタ)を前倒しにて統合することを発表したばかりですが、これをきっかけにトヨタのラインアップが整理されるということで、現行「アルファード/ヴェルファイア」や「ノア/ヴォクシー」も1モデルに統一される予定となっています。

そんななか、販売チャネル統一後の新型車第一号として、トヨタは主要モデルとなる「ハリアー」をわざわざ前倒ししてまで発表することになるわけですが、開発は概ね進められているとのことで、あとは耐久性・信頼性、デバッグ作業といったところを集中的に進めているのではないか?とのこと。

~プラットフォームやエンジンベースは新型「RAV4」~

ちなみに、フルモデルチェンジ版・新型「ハリアー」について、担当セールスさんとも雑談を交えながら話を聞いていたのですが、プラットフォームは新型「RAV4/クラウン」に搭載されるTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)に基づくGA-Kプラットフォームがほぼ濃厚でしょうし、エンジンラインナップについても極端な変化は無いにしても、おそらく新型「RAV4」にてラインナップされるような、排気量2.0L 直列4気筒直噴ガソリンエンジンと、排気量2.5L 直列4気筒エンジン+電気モータを組合わせたハイブリッドエンジンの2種類が自然な流れになるとのこと。

via:https://toyota.jp/

基本的な構成としては新型「RAV4」と同じになるかもしれないとのことで、但しあくまでも「RAV4」はオフロード志向、次世代「ハリアー」はエレガンスを意識したモデルとなり、立ち位置としては「RAV4」よりも上位モデルになることは間違いないとのことでした。

安全装備等も充実化されるのはもちろんでしょうし、ボディサイズが大きくなったり、価格帯が更にアップするのもある程度予想はできるのですが、あとは5月のどのタイミングでデビュー(発表なのか発売なのか、それよりも前にティーザーサイトなどが公開されるのか?等)するのかも気になるところです。

☆★☆トヨタ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:日刊自動車新聞

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう