もはや戦闘機並みの見た目と5,000馬力を発揮するクレイジーハイパーカー「デヴェル・シックスティーン(Devel Sixteen)」が砂漠にてテスト走行。ちなみに日本にも1台納車確定済み【動画有】

5,000hpを発揮するハイパーカーとして、世界にその名を轟かせたドバイのハイパーカーメーカでお馴染みデヴェル・モータース「デヴェル・シックスティーン(Devel Motors Devel Sixteen)」。

その名の通り、パワートレインは排気量12.3L V型16気筒クワッドターボエンジン(V8エンジンが2基搭載)がリヤミドシップに搭載され、最高出力は驚異の5,000hpを発揮し、推定最高時速は500km/h以上と言われるメガハイパーカーとなっています。

このモデルは現在、全7台のプロトタイプモデルによってテスト走行が行われているそうで、更には様々なグレードをラインアップしているため、そのグレードによってテスト内容も異なっている模様(特に最上位グレードのV16エンジンはかなり厳しい耐久試験が必要)。

スポンサーリンク

~軽いテスト走行とはいってもかなりスピードがノッてる気がするんですけど…~

今回ドバイの沙漠にてテスト走行が行われて「デヴェル・シックスティーン」ですが、いくら低速走行でのテストとはいえ、そのパフォーマンスの高さは常軌を逸しており、戦闘機並みの外観とパフォーマンスを持った唯一無二の一台となっています。

「デヴェル・シックスティーン」は、オフィシャル上ではV型8気筒エンジン(最高出力2,000ps仕様)の”エントリーレベル”と、V型8気筒エンジン(最高出力3,000ps仕様)の”レーシング・バージョン”、そして本気のトラック向けとなる排気量12.3L V型16気筒クワッドターボエンジン(最高出力5,000hp以上)の最強モデルとなる3種類が準備されていますが、実はこれらのグレード以外にも日本仕様をラインナップ。

~日本にたった1台だけ納車することが決定!その気になる人物とは?~

実はこのモデルを日本で唯一一人だけオーダーしたとんでもない人物がいるのですが、その人物が芝浦グループホールディングスCEOでお馴染み新地哲己 氏。

毎年九州にて、芝浦グループ主催のメガスーパーカーモーターショーが開催されていて、ブガッティ「シロン/ヴェイロン」やケーニグセグ「アゲーラRSR」、パガーニ「ウアイラ・ロードスター」等、数多くのスーパースポーツモデルを展示。

更に今年のイベントにて、正式に「デヴェル・シックスティーン」とダブル・モータース「フェニア・スーパースポーツ」×5台を購入したことも発表しています。

【【メガスーパーカーモーターショー2019】オープニングセレモニー・サプライズ発表!デヴェル・シックスティーンとWモータース「フェニア・スーパースポーツ」をオーダー!】

今回日本にて納車される予定の個体は、日本仕様に合わせた、いわば”ワンオフモデル”のようなもので、日本の環境法規制や規則に基づき、排気量からエンジン出力、そしてデザインやスタイリングについても若干の仕様変更が行われているそうです。
注):日本仕様では排気量12.0L V型16気筒クワッドターボエンジン(最高出力3,000hp)が限界とのこと。

※これは余談ですが「デヴェル・シックスティーン」を世界で初めてオーダーした人物といえば、カナダのスーパーカーコレクターで有名なTony Bet氏で、彼は彼とて5,007ps仕様の個体をオーダーしているとのこと。

そして今回、3,000hp仕様でオーダーされた「デヴェル・シックスティーン」の車両本体価格は約2.64億円ながらも、オプションや日本での納車のための税金等を含めると総額 約5~6億円であることも新地哲己 氏より直接確認をとらせていただきました(とにかくオプションが高いようです)。

納期は約2年ということで、芝浦グループホールディングス社が現在計画中である幕張メッセもしくは東京ビッグサイトにて開催予定のメガスーパーカーモーターショー2021にて一番最初に出展されることになりますが、それよりも一足早く当ブログでは納車後に独自取材をさせていただき、特別なコンテンツを作成しようと計画しております(芝浦グループ様にご相談済み)。
素晴らしいご縁をきっかけに、「デヴェル・シックスティーン」の魅力を存分に公開していきたいと思います。

【Devel Sixteen passing by in low speed】

ちなみに、以下の動画は世界で一番最初に「デヴェル・シックスティーン」を試乗した大人気ユーチューバーのスーパーカーブロンディ(Supercar Blondie)さん。
そのクレイジー過ぎるヴィジュアルとエンジンサウンドは常軌を逸していることがわかります。

【World’s First Person To Drive THE DEVEL SIXTEEN】

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう