(印)スズキ「ワゴンR(Wagon R)」の新型後継モデル?「イグニス」のホイールを装着した謎の開発車両が目撃に

~「ワゴンR」とは異なるクロスオーバーモデル?~

インド市場にて販売を手掛けるマルチ・スズキが販売するコンパクトモデル「ワゴンR(Suzuki Wagon R)」。
何とこのモデルの派生版もしくは後継モデルと思われる開発車両がインドにて目撃されています。

今回目撃されている個体ですが、おそらく9月30日に発表される「アルト(Alto)」の実質的な後継モデルとなる「エスプレッソ(S-Presso)」と同じ類のモデルになると思われ、更に細かく見ていくと足元には「イグニス(Ignis)」にも装着されているスポーティなアルミホイールが装着されていることが確認できます。

マルチ・スズキが販売する「ワゴンR」には、アルミホイールを提供せずに14インチのスチールホイールを提供していますが、恐らく今回の後継モデルは、よりクロスオーバーに近いスタイリングとなり、足元のアルミホイールもリフトアップに合わせて大口径化するのではないか?との期待も寄せられています。

スポンサーリンク

~ボディ形状は「ワゴンR」そのものだが、ライト等の細かい部分は変更の可能性も~

ボディ全体を見てみると、黒いカモフラージュのラッピングが施されているので、はっきりとしたデザインはわからないものの、恐らく形状自体は「ワゴンR」とそこまで大きな違いはないと思われますね。

リヤデザインはこんな感じ。
リヤバンパーやリヤテールランプ等は再設計が施されると思われ、加えてフロントデザインも一部変更が入ると思いますが、スポーティ志向で攻めてくるのか、それともラグジュアリ志向で攻めてくるのかは不明なままとなっています。

ただ、プラットフォームは新世代Heartectをベースにすることは間違いなく、パワートレインも排気量1.0Lのガソリンエンジン(最高出力68ps/最大トルク90Nm)と排気量1.2Lのガソリンエンジン(最高出力83ps/最大トルク113Nm)の2種類がラインナップされることでほぼ間違いないとのこと。

発表時期については、未だ明らかにされていないものの、恐らく年内に何かしらの発表があるのではないか?とのことです。

☆★☆「ワゴンR」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:IndianAutosBlog

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう