【再掲】トヨタ「アルファード/ヴェルファイア」がPA/SAの駐車エリアを占拠。PA/SAにて発生するミーティング・オフ会のトラブルにて、なぜ迷惑になるとわかっていて同じことを繰り返すのか

2019-09-08

湾岸長島PAにてモラル無きオフ会・ミーティングが開催

※過去に掲載した記事のリライト版となりますが、今もなお夜間パーキングエリア(PA)/サービスエリア(SA)での駐車トラブルが発生しているとのことで、ライティング依頼も兼ねて再発防止のために掲載しております。

三重県桑名市にある伊勢湾岸自動車の湾岸長島パーキングエリア(PA)にて、トヨタ「アルファード(Alphard)/ヴェルファイア(Vellfire)」の夜間オフ会・ミーティングが行われていたのですが、何と駐車しているエリアが指定された駐車場内ではなく通路帯となっているため、パーキングエリアを利用する人たちの進路を封鎖・妨害することに。

日中でも様々なパーキングエリアやサービスエリアにてスーパーカー/スポーツカーを始め、色々な車種のミーティングやオフ会が開催されていますが、さすがにこういった通路帯を塞ぐといったことはないものの、何故か夜間になると利用車両が少ないことが理由なのか、こうしたマナー違反行為が非常に目立っているようにも感じますね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

自分たちだけではなく、高速道路を利用するみんなの施設であることを忘れてはいけない

こうしたオフ会等に参加している人たちにとっては”楽しいから”という理由で、集団の心理として便乗したりするケースがあるため、マナーよりも別のことを優先してしまい、結果的にトラブルの元を生み出すことに繋がってしまうのですが、さすがにこういった様々な人たちが利用するところでの迷惑行為というのは避けて欲しいところ。

あと、どうしてこういった迷惑行為を”やってはいけないこと”とわかっていてやってしまうのかは不明ですが、中々集まることのできない集団だからこそ、「普段できないことをやりたい(やってみたい)」という欲求がでてくるのかもしれません。

公共施設を利用する以上、自分たちだけが使用しているわけではないという認識を持つことが必要ですが、そういった認識も薄れているのかもしれませんし、パーキングエリアを利用するにあたり、「既に高速料金を支払っているから」という理由で自由に利用しても構わないという考えを持っている人もいるのかもしれません。

既に動画は削除されていますが、駐車エリア外にてトラックの通行の妨げを行っているシーンも目撃されているそうです。

こういったことから大きなトラブルが発生することがあるため、やはり場をわきまえながら周りに迷惑をかけない大人な対応をとるべきだと思います。
じゃないと、大黒PAのように強制的に夜間封鎖され、長距離移動している人たちへの迷惑にも繋がってしまいますから、これを機に同じことは繰り返してほしくないところ。

☆★☆関連記事4選はコチラ☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう