2020年モデル三菱・新型「ASX(日本名:ASX)」がイギリスでも発売スタート!エントリーモデルでもシートヒータは標準装備、価格は約267万円から

~イギリス市場では遅れて販売スタート~

日本市場にてマイナーチェンジ版・三菱・新型「RVR」が8月より発売スタートしましたが、イギリス市場においても「ASX」という名称にて9月より発売スタートしました。

今回発売スタートした新型「ASX」は、エントリーグレードにて5速MT/前輪駆動(FF)を搭載し、エクステリアについては18インチの大口径アルミホイールやオートレベリング付フルLEDヘッドライト、LEDデイタイムランニングライト、そしてハロゲンフォグラインが全て標準装備されています。

スポンサーリンク

~グレードは大きく3種類。グレード別の装備内容を見てみよう~

インテリアについては、エントリーグレードでもフロントのみシートヒータが採用され、更にはオートエアコンやオートクルーズコントロール、リバースカメラ、エンジンスタート/ストップキーレスエントリー(レザー仕上げ)、DAB、Bluetooth、Apple CarPlay/Android Autoを備える8インチタッチスクリーンも全て標準装備されています。

続いての中間グレードとなるエクシードでは、同じ5速MT/前輪駆動(FF)を搭載し、パノラマグラスルーフやブラックルーフレール、クロームドアハンドル、LEDフロントフォグランプ、電動パワー付レザーシート、TomTom社ナビゲーションシステム、レーンキープアシストシステム、リヤクロストラフィックアラート、ブラインドスポットモニタも標準装備されます。

最後に上位グレードとなるダイナミックでは、6速AT/四輪駆動を搭載し、パドルシフトも標準装備され、同グレード専用のファブリックシートとレザートリム、そしてブラックヘッドライナーやピアノブラックアクセントが追加されます。

ちなみに、全グレード共通にてボディカラーはレッドダイヤモンドとオークブラウンの2種類が追加され

~気になるグレード別価格帯とパワートレインは?~

グレード別の価格帯は以下の通り。

・エントリーグレード:約267万円
・エクシード:約303万円
・ダイナミック:約341万円

気になるパワートレインについては、排気量2.0L 直列4気筒MIVECガソリンエンジンを搭載し、最高出力150ps/最大トルク195Nmを発揮します。

☆★☆三菱関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう