2020年5月に登場予定のフルモデルチェンジ版・トヨタ新型「ハリアー(Harrier)」に3.5Lエンジンがラインナップされる?サイズアップすることも考えたらより売れにくくなるのでは?

~何かと話題の新型「ハリアー」。一体どんなモデルになる?~

さて、先日より何かと話題となっているフルモデルチェンジ版・トヨタ新型「ハリアー(Toyota Harrier)」について。

8月26日に日刊自動車新聞がリリースした情報によると、2020年5月にフルモデルチェンジが行われるということで、この情報がリリースされたことでトヨタ・ディーラ内にも通達が行っているとのこと。
どうやら本当に新しいモデルが誕生することは間違いなさそうなのですが、これについて自動情報誌ベストカーが、独自取材にてその情報を公開しています。

スポンサーリンク

~新型「RAV4」の差別化を図った更なるサイズアップ化とエンジングレードの強化~

その内容を見てみると、新型「ハリアー」は2020年夏ごろに登場する予定となっていて、新世代プラットフォームTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・プラットフォーム)を採用することにより、現行モデルよりもサイズアップすることで、オフロード志向の高い新型「RAV4」との差別化を図る意味でも、更なる上級モデルへとシフトする方針とのこと。

具体的には、オフロードメイン且つラインナップのほとんどが4WDという新型「RAV4」に対して、現行「ハリアー」は2WD車が中心の販売構成となっていることから、この持ち味とシティ感覚をキープしながらも、更に高級感をアップをさせるようです。

ただ、現行「ハリアー」のグレードラインナップを改めて見直してみると、ガソリンモデルやターボモデルについては、2WD/4WDの両方を販売しているということもあって、決して2WDを中心とした販売というわけではなく、ハイブリッドモデルに至っては4WD(E-four)だけのラインナップとなっているので、一概には上記の内容に沿うモデルではないことは確か。

確かに、直線的なボディラインを持つ「RAV4」に比べて、曲線的なボディラインを持つ「ハリアー」とでは大きくコンセプトも異なれば、用途も異なっているのは理解できるものの、シティ感覚を持ち味とした高級SUVということであれば、現在のボディサイズ(全長4,725mm×全幅1,835mm×全高1,690mm)から、更にワイド&ローでボディが大きくなることは容易に想像できることから、より一層街乗りSUVには適さない、国産車の中でも更に大柄なフルサイズSUVに近いモデルになるのではないかと推測。

さすがにこれは言い過ぎかもしれないですけど、ボディサイズとしては、「背を低くしたランドクルーザー・プラド」となる可能性が高く、しかも価格帯がアップする上に、ベストカーはここに排気量3.5L V型6気筒エンジンクラスのグレードを設定する可能性があるとも見解していることから、もはや「ハリアー」というミドルサイズSUVを表現するには難しい一台になるのではないか?とも思ったりしますし、こうしたグレードがラインナップされると更に購入層も限られ売れにくくなることも想像はできるかと思います(もちろん、上位グレードを望むユーザーもいるとは思いますが)。

~そういった意味では既に新型「RAV4」との差別化は図られている?~

価格帯についても、新型「RAV4」と現行「ハリアー」では平均約20万円の価格差しかないと説明していますが、実際にはガソリンやターボ、ハイブリッドのグレードラインナップを含めると、約34万円~約80万円という価格差が生まれているので、十分な差別化は図られていると思うんですよね(この約20万円とのどの数値なのかも気になりますが…)。

あとは、トヨタ自身が新型「ハリアー」をどういったコンセプトで進化させていくのかが気になるところで、これについては年内に情報が明らかになるかはわからないものの、もしかすると10月23日より開催される東京モーターショー2019にて、何かしら情報が展開されるかもしれないですし、大きく注目したいトピックでもありますね。

☆★☆トヨタ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:Yahoo!ニュース・ベストカー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう