世界最高速の称号を得たブガッティ「シロン・スーパースポーツ300+」の公式画像がリリース。オレンジのストライプは空気の流れだけではなく別の意味も隠されていた件

~世界最高速だけのために生み出された究極の変態モデル~

ブガッティが世界最速記録を打ち破る上で大きな壁となっていた300マイル(483km/h)を見事打ち破り、最終的に304.773マイル(490.484km/h)というとんでもない記録を更新したことから命名された「シロン・スーパースポーツ300+(Bugatti Chiron Super Sport 300+)」。

このモデルは、世界限定30台のみ販売された個体で、その価格は約4.2億円というランボルギーニ「ヴェネーノ(Lamborghini Veneno)」並みの高額モデルとなります。

既に先日、ブガッティCEOであるステファン・ヴィンケルマン氏の自宅にて、その公式記録を打ち立てたプロトタイプモデルが、記録を生み出したときのままの状態にて公開され、当時の汚れ(勲章)や490.484km/hに到達したときのメータもそのままになっていましたが、今回ようやくこのモデルの公式画像がリリースされました。

スポンサーリンク

~改めて「シロン・スーパースポーツ300+」は従来と何が異なる?~

このモデルは、ダラーラ社との共同開発によって生み出されたもので、従来モデルに比べてリヤ部分が250mm延長されることで、空気抵抗やダウンフォースをかなり細かく調整することが可能になっています。

更には気流をスムーズにするために、ウィングやエアブレーキは採用せず、リヤエキゾーストシステムも最適なレイアウトとするために両サイド縦型2本だしとなるクワッドエキゾーストシステムを採用。
サスペンションもオーバーホールされ、乗り心地だけでなく車高も若干調整しているとのことです。

~ボディのストライプには気流以外にも直線の意味が込められていた!~

ボディには、フロントから流れる気流をイメージしたオレンジのストライプが追加されますが、実はこのストライプには気流以外にもちょっとした意味合いが込められているとのこと。

画像を見てお分かりの通り、真っ直ぐ突き進む道を意味していて、今回のモデルが”直線”と”世界最高速”をイメージした究極の変態モデルであることが想像できるかと思います。

助手席が装着されたインテリアは初めてみました。
シートは極薄のフルバケットシートかと思いますが、このシートで約500km/hの速度を体感したときの腰の負担は計り知れないでしょうね…すぐに筋断裂起こしそう。
あとは、ボディのストライプ同様にオレンジのアクセントカラーや、”Super Sport 300+”の縫合も施されていて非常にオシャレ。

パワートレインについてですが、これは先日ブガッティが発表した世界限定10台のみの特別モデルとなる「チェントディエチ(Centodieci)」と同じ排気量8.0L W型16気筒クワッドターボエンジンを搭載し、最高出力1,600psを発揮します。

☆★☆ブガッティ「シロン」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう