フェラーリのフラッグシップオープンモデル「812GTS」が世界初公開!「F8スパイダー」同様に電動ハードトップを採用、世界で最もパワフルなオープン量産モデルに

~遂に「812GTS」が世界初公開!~

本日9月9日、フェラーリは「F8トリブート(Ferrari F8 Tributo)」をベースにしたオープントップモデル「F8スパイダー(F8 Spider)」を世界初公開しましたが、同日にフラッグシップGTモデル「812スーパーファスト(812 Superfast)」をベースとしたオープンモデル「812GTS」を世界初公開しました。

おそらくフェラーリとしては、これだけの短期間で(しかも同日に)オープンモデルを発表するのは非常に珍しいことだとは思いますが、今回は限定モデルとしての販売ではなく通常のラインナップ同様に販売されることが決定しています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~V12フロントマウントオープン&量産仕様としての登場は50年ぶり~

また、フロントにV12エンジンを搭載した量産タイプのオープンモデルというのは、1969年に登場した「365GTS4(デイトナスパイダー)」以来で、限定モデルでは、2000年に登場した「550バルケッタ」や2005年に登場した「スーパーアメリカ」、2010年に登場した「SAアペルタ」、そして2014年に登場した「F60アメリカ」以来となりますね。

気になるパワートレインについては、「812スーパーファスト」同様に排気量6.5L V型12気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力800ps/8,500rpm、最大トルク718Nm/7,000rpmを発揮するとのことで、これは世界で最も強力な量産タイプのコンバーチブルモデルになるとして、フェラーリブランドとしては非常に価値の高い一台になると思われます。

なお、直線性のパフォーマンスについては、0-100km/hの加速時間が3秒未満、0-200km/hの加速時間が8.3秒、最高時速は340km/hを超えるスピードになるとのこと。

ちなみに「812GTS」に採用されるトップルーフの電動開閉機構は、「F8スパイダー」同様にリトラクタブルハードトップ(格納式ハードトップ)を採用し、45km/h以下の走行であれば14秒にて開閉を行うことが可能になります。

~オープンモデルとしてはかなり個性的なデザインを採用~

その他、「812スーパーファスト」との大きな違いとしては、2つのバットレスとトノーカバー、そしてラゲッジコンパートメントにてアクセントが加味されたリヤデザインが採用され、リヤディフューザーの形状も大きく変更、エアロバイパス等も標準装備されています。

フロントについては、フロントガラスの上部コーナーに乱流と空気の騒音を抑えるために2つのコンパクトなL字型フラップを追加しているとのことで、スポーティな走りだけでなく、快適な走りも提供する一台となっています。

☆★☆「812スーパーファスト」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう