トヨタのホワイトパール塗装剥がれは「アルファード/ヴェルファイア/ハイエース/ウィッシュ他」だけではない?!「ノア」の塗装剥がれに対するトヨタディーラの対応が話題に

~トヨタのホワイトパール塗装剥がれはほぼ解決の方向に進んでいたはずだが…?~

以前、大きく問題視されてきたトヨタ・2010年式付近のボディカラー「ホワイトパール」の塗装剥がれについて。

これまで詳細な原因については明らかになっていないものの、当時のボディカラーの保証として3年間は無償にて再塗装等の対応を行ってくれるのですが、特定の車両やディーラによっては保証期間が過ぎても無償で対応してくれるところとそうでないところ、更にはお金を払っても対応してくれないところがあったそうで、しかしトヨタが”リコールではないものの”対象となるモデルを全て無料修理対応することで無事終息に。

▽▼▽関連記事▽▼▽

対象モデルとしては「アルファード/ヴェルファイア/ハイエース/レジアスエース/iQ/カローラルミオン/オーリス/ウィッシュ」(対象期間については、上の関連記事を参照)となり、これらの対象モデルの無償対応について、トヨタは以下のような説明をしています。

一部の車種・生産期間のホワイトパールクリスタルシャイン色の車両において、塗膜を構成する中塗り塗料の濃度(顔料の量)が低く、膜厚が薄い場合、長期間にわたる太陽光と雨水の影響で、電着塗膜と中塗り塗膜の密着性が低下し、外的負荷(洗車機など)により塗膜が剥がれることがあります。
当該現象が発生し修理をご用命の場合、下記の通り無料にて修理対応致します。
※当該現象は、ボデーパネルが対象で、外装部品(パンパー、ドアミラーなど)は対象外です。


【従来の保証期間】新車を登録した日から3年以内
↓↓↓
【無料修理対応期間】新車を登録した日から10年以内。但し、2020年12月末までは、10年超過車も保証します。

これでようやく話も落ち着いたかと思いきや、どうやら上記対象外のモデルについても、ホワイパールの塗装剥がれが発生しているそうで、これに関するトヨタディーラの対応がちょっとした話題に。

ちなみに、その気になる車種というのがミニバンモデルの「ノア」で、具体的な年式やグレードは不明ではあるものの、中古モデルにて購入した個体とのこと。
一体どのような対応だったのか、早速チェックしていきましょう。

スポンサーリンク

~トヨタディーラは一度、塗装剥がれの修理が可能であると回答~

今回塗装剥がれの件でトヨタディーラに問い合わせたツイッターユーザーのツイート内容を見ていくと、今回の対象外となっている「ノア」について問い合わせを行ったところ、「全額負担は不可能であるものの、8~9割トヨタ負担で修理するが、メンテナンスノートの保証継承をされていることが条件」と示しています。

これについて、保証継承に関するメンテナンスノートは無いとのことから、修理は完全に断られたそうです。

~メーカとしては修理できないと拒否。なぜディーラが修理できると判断したのか疑問に思っている模様~

その後、トヨタ販売店ではなく、トヨタメーカへと連絡する必要があるとのことで、実際にお客様相談センターに連絡してみると、原因究明することなく保証外なので「有償」であると回答した模様。

この時点で、「ノア」の年式がどれくらいなのかが明らかになっていないので何とも言えないのですが、その後に「販売店がどうして保証継承アリで8~9割負担で修理すると回答したかはわからない」と全否定したそうですね。

上の通り、ディーラ側の判断ミスで結果的に「修理しない」と回答しているわけですが、どうして「修理する」と回答してしまったのはか確かに謎ではありますね。

トヨタとしては、この問題を受け付けるとなると、2010年付近の「ノア」に限らず、「ヴォクシー/プリウス」といった”ホワイトパールを使用したモデル”全てが対象となる恐れがあるとして、そうなると無償対象の負担はとんでもないものになるわけですから、もしかしたらどこかで歯止めを効かせる必要があったのかもしれません。

いずれにしても、この問題はこのツイッターユーザーに限らず、別のユーザーでも同様の問題で悩んでいる方が多数いらっしゃるかもしれませんね。

☆★☆直近のリコール関連記事10選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう