トヨタ新型「GRスープラ」やホンダ新型「シビック・タイプR」を鬼キャン仕様に改造してみた。2020年には普通に登場してそうな件

~日本国内であれば複数台存在してもおかしくない改造レンダリング~

2019年末より続々と納車予定となっているトヨタ新型2ドアスポーツクーペ「GRスープラ(Toyota GR Supra)」。
既に中古車サイト・カーセンサーにて1台のみ販売され、その価格は新車総支払額よりも高額な約700万円程にて転売されるほど、そのプレミア価値の高さが明確になっていますが、その一方で2020年にはチラホラと登場するであろう鬼キャン仕様に改造された「GRスープラ」のレンダリングが公開されています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

今回公開されている鬼キャン仕様の「GRスープラ」ですが、デジタルアーティストのRuxedDesign氏によって作成されたレンダリングで、リバティーウォークやロケットバニーのような過激な外付けリベット留めのオーバーフェンダーを装着した族車風の改造モデルというかんじではなく、足周りを大幅にローダウンもしくはエアサスペンションをインストールし、タイヤホイールも内側に傾けられたネガティブキャンバーにセットアップされていますね。

スポンサーリンク

~見れば見る程に過激さがしっかりと伝わってくる~

こちらも鬼キャン仕様に改造された「GRスープラ」をイメージした予想レンダリング。
完全に着地している感じではありませんが、ちょっとした段差やマンホールがあったときは間違いなくガリッといっちゃうでしょうね。

角度を変えるとこんな感じ。
フェンダーとタイヤ・ホイールリムの隙間に上手くハマったような仕様に上手くセットアップしていますが、これで走行するのはさすがに恐ろしく、全切りもできなさそう。

~ホンダ新型「シビック・タイプR」のネガキャンレンダリングも~

こちらも同じデジタルアーティストによって作成されたホンダ新型「シビック・タイプR」の鬼キャン仕様。
スタイリングは申し分ないんですけどね、タイヤの片減りが相当に凄そう…

これでニュルブルクリンクを本気で走ろうものなのなら、オール純正の「シビック・タイプR」に比べてどれだけのタイム差になるのかも非常に気になるところです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Its time to play 😈🔥

🇵🇦さん(@ruxeddesign)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

Supra Type R 👀

🇵🇦さん(@ruxeddesign)がシェアした投稿 –

☆★☆「GRスープラ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう