フルモデルチェンジ版・ホンダ新型「フィット4(FIT4)」の開発車両が今度は三重県にて目撃に。改めてHonda SENSINGの装備内容も何が追加されるのかおさらいしておこう

~今度は三重県にて新型「フィット4」の開発車両が登場~

さて、以前より定期的に情報を展開しているホンダのフルモデルチェンジ版・ホンダ新型「フィット4(FIT4)」について。
10月23日に開催される東京モーターショー2019に向け、あらゆるところで開発車両がテスト走行を行い、開発も終盤に差し掛かっているのではないかと思いますが、今回は三重県亀山市井田川町の井田川町駅近くにある幹線道路25号線にて、新型「フィット4」の開発車両が目撃されています(画像並びに情報提供いただけたY様には心より感謝申し上げます!)。

今回目撃されている個体は、ハッチバック(MPV)タイプの新型「フィット4」となりますが、白黒迷彩のカモフラージュは相当に分厚めで、相変わらずフロントデザインが明確にわからない状態ではありますね。

少し話は変わりますが、これまで日本国内にて目撃されてきた新型「フィット4」の開発車両は、そのほとんどがハッチバックタイプばかりですが、クロスオーバータイプの”クロスター”は日本国内にてテスト走行が行われていないのか気になるところ(海外ではクロスターの目撃情報の方が多い気がする)。

スポンサーリンク

~足元のホイールを見る限りエントリーグレードのような気もするが…?~

少し拡大された画像がもう一枚。
足もとには鉄チンホイールが装着されていることから、もしかしたらエントリーグレードとなる”ベーシック”もしくは”ホーム”となる可能性が高そう。

先ほどのフロントフェイスが写った画像にもある通り、フロントヘッドライトのデザインは明らかになっていないものの、ディーラの情報では、一応全グレードLEDヘッドライトが装備されるとも聞いているので(あくまでもセールスさんから聞いた話であってスタッフマニュアルに記載された内容ではないのでご注意を)、単純にライトのハウジングにもカモフラージュラッピングを貼付しているだけなのかもしれません。

~おさらいも兼ねて、新型「フィット4」にはどのような安全装備が追加される?~

最後は、ホンダ新型「フィット4」に搭載される安全運転支援システムHonda SENSINGについて。
これは未だに数多くの方からの問い合わせが来ているので、改めて当ブログにておさらいも兼ねて紹介していきたいと思います。

今回の新型「フィット4」では、現行「フィット3」にて搭載されている8種類の機能に加えて、新たに4種類加わります。
しかも、その内の1つはホンダ初となる安全機能ということで、より安全性を高めた一台となりそうです。

新型「フィット4」に搭載される安全機能は以下の通り。

【新型「フィット4」Honda SENSING一覧】

・衝突軽減ブレーキ(CMBS)
・誤発進抑制機能
・歩行者事故低減ステアリング
・路外逸脱抑制機能
・ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)
・LKAS(車線維持支援システム)
・先行車発進お知らせ機能
・標準認識機能
・[NEW]渋滞追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)
・[NEW]後方誤発進抑制機能
・[NEW]オートハイビーム
・[NEW&ホンダ初]近距離衝突軽減ブレーキ

上の通り、「渋滞追従機能付きACC/後方誤発進抑制機能/オートハイビーム」は新型「N-WGN/N-WGN Custom」に搭載される機能であり、特に渋滞追従機能付ACCは「フィット」ならではなの低燃費のある走りに加えて長距離時には必須ともいえる機能ですから、これの追加並びに標準装備というのは非常にありがたいですね。

そして今回、ホンダ初となる先進機能として追加されるのが「近距離衝突軽減ブレーキ」で、これは前進・後退の両方の誤発進抑制機能に加えて、更にブレーキ機能も加味されたより安全性の高い機能ということで、車両の誤発進を完全に停止させる重要な機能になります。
これで他車との接触に加え、コンビニにて駐車中にアクセルとブレーキを踏み間違えて突っ込んでしまうっといった問題が解決されるかもしれません。

☆★☆新型「フィット4(FIT4)」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう