(欧)ホンダが、2020年モデル・新型「フィット4(FIT4)」はハイブリッドモデルのみを販売すると正式発表。ガソリンモデルは徐々に淘汰されることに?

~欧州市場にて販売される新型「フィット4」はハイブリッドモデルのみ~

先日より開催中のフランクフルトモーターショー2019にて、ホンダは最新ピュアEVモデルとなる「ホンダe(Honda e)」の量産モデルを世界初公開し、更には詳細スペックやグレード別の価格帯も明らかとしましたが、これに併せて日本市場でも10月末より発表されるフルモデルチェンジ版・新型「フィット4(海外名:ジャズ)」について、ハイブリッドモデルのみを販売することを正式に発表しました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~欧州ではガソリンモデルを減らし、電動パワートレインを主体に販売していく模様~

日本市場においては、排気量1.3L i-VTECガソリンエンジンと排気量1.5L i-VTECガソリンエンジン+デュアルモータを組合わせたi-MMDハイブリッドシステムの2種類をラインナップしますが、欧州市場では、”Electric Vision”戦略において2025年までに全てのモデルを電動パワートレインにする意向を示しており、徐々にガソリンモデルを排除していく考えを示しています。

現在、欧州ホンダが販売しているハイブリッドモデルといえば「CR-V/NSX」が有名ですが、「シビック」等のガソリンエンジンを主体とするモデルもハイブリッドへと移行する可能性が十分に高いと言われています。

なお、ホンダ・モーター・ヨーロッパのトム・ガードナー氏によれば、新型「フィット4」は2020年に販売される予定で、既にテスト車両もハッチバック(MPV)とクロスオーバーモデルの2種類がテスト走行を実施中。
詳細スペックや価格帯については明らかにされていませんが、現行モデルよりも高額になることは間違いないでしょうし、日本市場においても10万円程の価格アップになるのではないかと推測しています。

~またまた日本国内にてテストカーの目撃情報が!~

ちなみにこちらは、三重県にて目撃された新型「フィット4」の開発車両。
前回も、三重県亀山市井田川町の井田川町駅近くにある幹線道路25号線にて目撃情報がありましたが、ナンバーを見る限りは同じ車両であることがわかりますね。
日本での発表も、残すところ約1か月となりました。
一体どのようなデザインとなるのか非常に楽しみです。

☆★☆新型「フィット4(FIT4)」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう