映画・次回作「ワイルドスピード9(Fast And Furious 9)」には、トヨタ新型「スープラ」以外にもホンダ新型「NSX」、ノーブル「M600」等も登場することが判明!【動画有】

~次回作のワイスピ(9作目)は国産モデルも多数登場する?~

前回、オレンジカラーにブラックのボンネットを採用したヴェイルサイド風・トヨタ新型「GRスープラ」が、映画・次回作となる「ワイルドスピード9(Fast And Furious 9)」にて登場することが判明しましたが、何とこれに加えてホワイトカラーに身を纏ったホンダ(海外名:アキュラ)新型「NSX」も登場することが明らかとなりました。

撮影スポットはスコットランドにあるロイヤルマイルとなっていますが、こうした街並みに上手く溶け込む「NSX」に、それを運転するローマン・ピアース役のタイリース・ギブソン氏とテズ・パーカー役のクリス・リュダクリス・ブリッジス氏も登場します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tyrese Gibson pilotando Acura NSX prateado com Ludacris nas gravações de Velozes e Furiosos 9 no Reino Unido! #Fast9

FastFanBrasilさん(@fastfanbrasil)がシェアした投稿 –

こちらが撮影中となる「NSX」の走行シーン。
非常に落ち着いた走行で、街中を轟音にて響かせるようなサウンドも特にありませんね。

映画ではハイブリッドシステムを搭載した個体として登場するのか、それとも特別なエンジンを搭載した個体で登場するのかは不明であるも、かなり重要な役割となる一台であることは間違いなさそうです。

スポンサーリンク

~その他にもニュル最速の称号を得たジャガーやイギリス製スーパーカーも登場!~

そしてこちらはジャガーのハイパフォーマンスモデル「XE SVプロジェクト8(Jaguar XE SV Project 8)」。
誰が運転するかははっきりしていないものの、撮影オフの際にヴィン・ディーゼル演じるドミニクが乗っているところも目撃されています。

4ドアセダンとしてニュルブルクリンク最速記録を打ち立てた希少な個体ですからね、かなり過激な走りを見せることは確実でしょう。

そしてこちらは過去に目撃されたパープルカラーのノーブル「M600」。
何とドミニクが運転席に座っていますね。

ドミニクがスーパーカーを運転するのは、「ワイルドスピード7”スカイミッション”」にて登場した、”空飛ぶ車”とも言われたWモータース「ライカン・ハイパースポーツ」以来ではないかと思います。
このモデルはイギリス製スーパーカーではあるものの、エンジンは何と排気量4.4L ヤマハ製V型8気筒ツインターボエンジンを搭載した過激な一台となっています。

その他にもヴェイルサイド仕様のトヨタ新型「GRスープラ」×3台や、クラシックなダッジ「チャージャー」等も確認できますね。
オレンジカラーの「GRスープラ」は実際に市販化されていない、映画のためだけに実現した特別なカラーですが、アメリカ市場等を始め、こうしたカスタムモデルを手掛けるアフターパーツメーカ等も今後続々と登場してくるでしょうね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

+ #fast9

_⁴_さん(@_pw40__)がシェアした投稿 –

☆★☆ワイルド・スピード関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう