BMWアルピナが型破りな新型「B3ツーリング」を世界初公開!何と純正なのに左右でホイールデザインが全く異なる【動画有】

~ステーションワゴンモデル最速の「B3ツーリング」がデビュー!~

先日より開催中のフランクフルトモーターショー2019にて、BMWを専門とするチューナーのアルピナが、新型「3シリーズ・ツーリング(BMW 3 Series Touring)」をベースにしたハイパフォーマンスモデル「B3ツーリング(Alpina B3 Touring)」を世界初公開しました。

今回発表された新型「B3ツーリング」は、その名の通りステーションワゴンスタイルを採用し、アルピナ曰く「今日の市場で最速のステーションワゴンがB3ツーリングになる」とコメントしており、最高時速は300km/hにまで到達するようです。

スポンサーリンク

~大人っぽい風格を持つも、どこかで牙を向けるかもしれない恐ろしさもある~

外観としては、確かに「3シリーズ・ツーリング」をベースにしているため、そこまで大きな違いは無いものの、やはりアルピナの特徴ともいえるアルピナ・グリーンが一番フィットしているような気がします。

足もとにはスポーク数の多い20インチアルミホイールを装着。
このホイールデザインも、アルピナの象徴を指す特徴的なものではないかと思いますね。

リヤデザインの重厚感も溜まりませんね。
リヤテールランプはレクサス「RC」っぽいL字形状を採用し、リヤエキゾーストパイプは両サイド2本だしのクワッドエキゾーストシステムをインストールしています。

~何と足元のホイールは左右で全く異なるヤンチャ仕様~

そしてこちらが最も注目すべきポイントですね。
何と新型「B3ツーリング」では、左右でホイールのデザインが異なるという、何とも型破りと言いますか…真面目なチューナ-の印象を持つアルピナがとんでもないことをやってのけています。

これが標準にて採用されるのか、それともオプションにて設定されるものかは不明ですが、どうやら市販化されるようです。

~外観だけでなくパフォーマンスも中々に過激だ~

気になるパワートレインについては、BMW「3シリーズ・ツーリング」よりアップグレードされた排気量3.0L 直列6気筒ツインスクロールターボエンジンを搭載し、更にはECUセットアップやパフォーマンスの最適化、冷却システムの向上を図ることで、最高出力462hp/3,000rpm、最大トルク700Nmを発揮します。

トランスミッションは、「3シリーズ・ツーリング」よりも更にシフト時間を短縮するよう改良された8速ATを搭載し、駆動方式は四輪駆動(xDrive)を標準装備しているとのこと。
残念ながら、具体的な直線性のパフォーマンスについては公開されていないものの、欧州の排ガス規制に準じたエコロジーを意識したモデルでもあるとして、ガソリン微粒子フィルターを含む最先端の排ガス処理技術も搭載されていると説明しています。

なお、このモデルの車両本体価格は明らかになっていないものの、2020年の春頃よりオーダー受付をスタートするそうで、初期ロットモデルは2020年後半に徐々にデリバリーされるとのことです。

【BMW ALPINA B3 Touring – Younger. Greater. Stronger.】

☆★☆BMW・新型「3シリーズ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう