【初リークはレゴ(Lego)からだった】フルモデルチェンジ版・ランドローバー新型「ディフェンダー」のレゴキットが発売スタート!価格は約2万円也、価格以上の完成度で間違いなく買いの1セット【動画有】

~初めてのリークがレゴという珍事。そのキットが遂に発売スタート!~

9月10日に、フランクフルトモーターショー2019にて世界初公開されたフルモデルチェンジ版・ランドローバー新型「ディフェンダー(Land Rover Defender)」。
実はこのモデルの初リークが、デンマークの玩具会社レゴ(Lego)からだったことをご存知でしょうか?

初めて新型「ディフェンダー」のデザインがリークしたのは6月末頃で、当時イギリスの玩具販売店「The Brothers Brick」のウェブサイトにて掲載されたとのことで”前代未聞の珍事”として大きくとり上げられました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

そんなレゴからリークされた「ディフェンダーキット」が、この度ようやく発表・発売され、実車のようなオフロード特性や可愛らしいルックスをしっかりと継承した完成度の高い商品となっています。

スポンサーリンク

~おそらくこれまで登場してきたレゴシリーズの中で最も完成度の高い一台では?~

今回発売された「ディフェンダーキット」は、全2,573個のブロックにて構成され、本物のデザイン同様のボディパネルとホイールを装着し、更には3つのディファレンシャルと完全に独立したサスペンションを搭載する四輪駆動(AWD)も機能する本気仕様となっています。

レゴによると、「ディフェンダーキット」はこれまでで最も洗練されたギアボックスが搭載され、更にはインテリアのステアリングホイールやダッシュボードも妥協なきところまでしっかりと再現できているとのこと。

~外観だけでなくインテリアも凄い!~

以下の動画でも確認できますが、インテリアには何と新しいギアボックスとなるハイギアとローギアを連動させる2つのレバーが設けられ、別のセレクターではギアの切替が可能になっているそうで、更にはリヤシートも前方に倒すことでフルフラットできるという優れもの。
オフロードモデルの大きな特徴である車中泊もできます。

フロントボンネットやサイドドア、そしてリヤドアもオープンクローズが可能となっているため、実車が購入できなくとも、これ一つで笑顔になれるだけの満足感がありますね。
なお、実車の「ディフェンダー」は約540万円からの発売となりますが、今回発表された「ディフェンダーキット」は約2.1万円からの発売となるため、これだけの完成度と拘りであれば、十分”破格”と言っても良いほどの価格設定ではないかと思いますね。

【New Land Rover DEFENDER 42110 – LEGO Technic – Above and Beyond】

~プレスリリース~

本モデルのプレスリリース内容は以下の通り。

Build your own icon: Introducing the LEGO® TECHNIC LAND ROVER Defender

The new LEGO Technic Land Rover Defender is an automotive icon you can build at home.
Developed in partnership with Land Rover and launched alongside the New Defender at the Frankfurt Motor Show, the 2,573-piece model combines the boundless creativity of LEGO with New Defender’s instantly recognisable silhouette and unrivalled capability.

The LEGO Technic vehicle echoes New Defender with a host of realistic elements and functions, including authentic body panels and rims, four-wheel drive with three differentials, fully independent suspension, a working winch and LEGO Technic’s most sophisticated gearbox yet – all designed to provide an engrossing and rewarding building experience for car lovers and LEGO fans alike.

Niels Henrik Horsted, Marketing Director at the LEGO Group, said: “With every LEGO element, children can build anything they can imagine. I’m very excited about this new model – a truly impressive job done by our LEGO designers. Together with Land Rover, we’ve blended elements, design and innovative engineering into a set that shows the boundless creativity of LEGO play, and that with LEGO Technic you can build for real.”

Joe Sinclair, Director of Branded Goods and Licensing at Jaguar Land Rover, said: “The Land Rover Defender and LEGO brand are both iconic across the world, and the launch of New Defender felt like the perfect time to bring them together. The level of detail and engineering that has gone into creating this LEGO model perfectly reflects the work of our own designers and engineers who have been so dedicated to bringing a motoring icon back for the 21st century.”

Opening doors allow access to the model’s elaborate cabin with its working steering wheel and detailed dashboard. A new transmission system has two levers for engaging high or low ratios and a selector for changing gear – LEGO Technic’s most sophisticated gearbox yet.

You can also fold the rear seat forward to view the four-speed sequential gearbox, lift the bonnet to view the in-line six-cylinder engine with moving pistons and turn the rear-mounted spare wheel to open the rear door.

Reflecting the action-fuelled accessories available for the full-size New Defender, the model is finished with a working winch, removable roof rack with storage box, pannier, ladder and traction mats.
The LEGO Technic Land Rover Defender set will be available globally from 1 October 2019.

☆★☆「ディフェンダー」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう