2020年5月頃に正式発売との噂が報道されているトヨタ新型「Tjクルーザー」。実際にトヨタディーラに聞いてみた→「えっ?そんなハナシ全然聞いてないんだけど…」

~ベストカーは「登場確実」と断言しているが…?~

以前より大きな話題を呼んでいる、アッパーミディアムクラスSUVモデルのトヨタ新型「Tjクルーザー(Toyota Tj Cruiser)」。

その個性的なデザインに加えて、SUVとミニバンを掛け合わせたかのようなスタイリングから見るに、「アルファード/ヴェルファイア/ハイエース/(200系)ランドクルーザー/ランドクルーザー・プラド」といった大型ミニバン&SUVに該当する?のかと思いきや、実は全長4,300mm×全幅1,775mm×全高1,620mm。ホイールベースは2,750mmと非常にコンパクトにまとめられた一台で、オフロードやシティ向けに開発されたコンセプトモデルとなっています。

そんな「Tjクルーザー」について、自動車情報誌ベストカーによれば、10月23日より開催される東京モーターショー2019にて出展することが確実と言われていて、更には2020年5月頃より正式にデビューするとのことですが、これについていつもお世話になっているトヨタディーラにて、「本当に市販モデルがデビューするのか?」「そもそも東京モーターショー2019に出展されるのか?」を確認してみました。

スポンサーリンク

~国内ディーラも北米ディーラも「そんなことは一切聞いてない!」~

まず東京モーターショー2019に出展されるかどうかについてですが、これについてはトヨタディーラも全く把握していなかったとのことで、確かに雑誌情報では出展するとの報道はあったものの、一切そのような情報は入ってきていないとのことでした。

一方で、2020年5月に「Tjクルーザー」がデビューするのか?というところですが、これについては「そのような話は全く聞いておらず、2020年に登場予定している販売リストにもTjクルーザー(もしくはミニバンとSUVモデルを足し合わせたようなモノ)は記載されていなかった」として、より一層ベストカーの情報の信ぴょう性が怪しい方向にあることがわかります。

加えて、「Tjクルーザー」は北米を中心にも販売を進めていくと言う情報もあるとのことですが、その肝心の北米トヨタディーラも「そのような話は一切聞いていない」として、そうなるとベストカーの「登場確実。心配無用」というその根拠は、一体どこから来るのかが非常に気になるところですね。

~ところで「Tjクルーザー」はどんなエンジンを搭載するの?~

プラットフォームは、TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)が採用されていて、パワートレインは排気量2.0L 直列4気筒ターボエンジンと、「プリウス」等にも採用の排気量1.8L 直列4気筒ガソリンエンジン+電気モータを組合わせたハイブリッドモデルの2種類がラインナップされる予定となっているとのこと。

駆動方式については、前輪駆動(FF)と四輪駆動(AWD)の2種類が準備され、足周りには新開発のサスペンション、足元には20インチの大口径アルミホイール+ブリヂストンタイヤを組合わせています。

☆★☆トヨタ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:ベストカー①ベストカー②

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう