【リセール価値は如何に?】レクサス「NX」を一括査定してみた!ディーラでの下取りは370万円、気になる中古車・買取業者の買取金額はどうなった?

~どうしても気になったインターネット査定で愛車の買取金額を調べてみた~

先日、私が所有するレクサス「NX300h F SPORT」の18か月目点検を迎え、これに併せてディーラにて2019年内に売却することを想定しての下取り査定額をお願いしたところ、(新車納車後1年5か月が経過し、走行距離11,500km程で)370万円という金額となりました。

私が所有している個体は、2018年式のハイブリッドモデル(NX300h  F SPORT)となり、当時の新車本体価格は8%税込で5,700,000円となるので、つまりは約65%の残価率をキープしての売却値となるため、そこそこ良い金額になったのではないかと思います。

この下取り金額を一つの指標として、今回インターネット査定をしてみたところ、やはりディーラよりも高い金額で買い取ってくれるところがほとんどでした。
早速、どういった金額となったのかをチェックしていきましょう。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~査定をお願いしたのは4社。気になるその買取価格は?~

実際にインターネット査定にて情報入力した後、何社かから連絡が入り、しっかりと現車を見て値段を付けさせて欲しいと連絡が入ったのが僅か4社だったので、早速これらの買取店舗に訪問してきました。

最近では、入札形式での買取が流行っていますが、こういったことは概ね買取業者同士で予め電話で金額を決めているそうなので、そういったことはしたくないと思い、敢えて一店舗ずつ訪問しています(自宅から近い買取業者を選んで、自身で訪問するスタイルにしているので、どうしても店舗数が少なってしまったんですよね…)。

実際に買取店舗にて査定していただいた結果は以下の通りでした。

・BIGMOTOR(ビッグモーター):395万円(残価率69%)
・Gulliver(ガリバー):375万円(残価率66%)
・カーセブン:440万円(残価率77%)
・ネクステージ(Nextage):360万円(残価率63%)

※レクサスディーラ:370万円(残価率65%)

各社の買取金額を見てみると、ディーラでの下取り額を超えたのは3社で、その中でも圧倒的だったのはカーセブンさんの440万円という金額でしたね。
ディーラとの価格差は70万円もありますし、結構なオプションを選べれる金額ではないかと思います。

残価率も驚異的ともいえる77%ですし、仮に残価設定にて購入していれば普通におつりが返ってくるパターンだと思うので、残債も無いと思われます。

~どうしてこのような価格差が付いたのか聞いてみた~

ちなみに、カーセブンさんが440万円の買取金額を付けてくれた理由を聞いてみたところ、「NX」はかなり人気の高い商品ということで、おまけに私が訪問した最寄りのカーセブンさんでは、ちょうど「NX」の中古在庫が切らした状態で、かなり必要としていたとのことで、このような高額設定をさせて頂いたとのことでした。

一方でネクステージは、カーセブンさんと全くの反対で、「NX」の在庫を何台か抱えており、しかも販売している車両のメインは輸入車ということで、国産車は結構安い価格での買取になってしまうということでした。
おそらくこうした買取金額というのは、ボディや走行距離、年式はもちろんですが、後は「店舗側の都合とタイミング」も大きく影響してるんだろうなぁというのが正直な感想でしたね。

在庫を抱えている抱えていないで最大80万円の差額が発生しているわけですから、こういったところも査定をお願いする上では注目しておきたいポイントなのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう