2021年モデル・フォルクスワーゲン新型「ゴルフ8 GTE」がカモフラージュ一切無しの状態で目撃に。これってもはやリークレベルじゃないの?

~えっ?もうカモフラージュ無しの開発車両が登場したの?~

先日、フルモデルチェンジ版・フォルクスワーゲン新型「ゴルフ8(Volkswagen Golf 8)」をベースにした、PHV(プラグインハイブリッド)仕様の2021年モデル・新型「ゴルフGTE」と思われる開発車両が目撃されていましたが、今回何と早くもカモフラージュが一切施されていないフルヌード状態の車両が目撃されています。

もはや完全リーク?と勘違いされてもおかしくない新型「ゴルフGTE」の開発車両ですが、おそらくこのデザインに近い形で新型「ゴルフ8/ゴルフGTE」も登場するのではないかと思われますね。

スポンサーリンク

~ここまで大っぴらにするのもある意味斬新で好感が持てるかも~

少し角度を変えて見てみても、フロントヘッドライト周りやフロントバンパー、グリル、フロントフォグランプ周りも完全にカモフラージュされていないことがわかります。

なお、フロントヘッドライト周りを確認してみると、U字形状のシームレスな部分や上部のストレート部分についてはLEDデイタイムランニングライトだと思われ、その一方で内側に設けられたもう一つのU字形状については、もしかするとウィンカーの可能性もあるかもしれませんね。

サイドからみたスタイリングはこんな感じ。
フロントフェンダー辺りに設けられているキャップはバッテリ充電ポートだと思われ、その近くにある5スポークタイプのスパイラルアルミホイールもブラックペイント処理されることなく、恐らく市販デザインではないかと推測されます。

リヤデザインも明確になっていますが、「ゴルフ8」とはちょっと異なるリヤテールランプとなっていますね。
リヤエキゾーストパイプは、見側に下向きで設けられていますが、特にダミーマフラ等が設けられるわけでもなく非常にシンプルなお尻となっています。

気になるパワートレインについては、まだ何も詳細は明らかになっていないものの、排気量1.4L TSIエンジン+電気モータを組合わせたPHVになると思われ、システム総出力200hp以上/最大トルク350Nm以上になると予想。

また、バッテリ容量は8.7kWh以上になることが予想され、バッテリのみでの航続可能距離であれば50kmを超えることは間違いないでしょうね。
直線のパフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が7.6秒未満、最高時速は222km/h以上となるでしょう。

☆★☆「ゴルフ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう