フルモデルチェンジ版・トヨタ新型「ヴィッツ/ヤリス」に採用されるGA-B(TNGA)プラットフォームは、次期コンパクトSUVにも採用される可能性が高い模様

~っということは「C-HR」よりも更にコンパクトなSUVが登場する?~

トヨタは先日、2020年に日本でも発売予定となっているフルモデルチェンジ版・新型「ヴィッツ(Vitz)/ヤリス(Yaris)」の次世代プラットフォームTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)のGA-Bを発表したばかりですが、どうやらこのGA-Bが次期コンパクトSUVモデルにも採用される可能性が高いことが明らかとなりました。

GA-Bプラットフォームがプレスリリースされた際、トヨタは”ホイールベースの長さや車両の高さ、そしてトラック幅を調整することが可能で、デザイナとエンジニアが異なるサイズの魅力的なモデルを設計することができる”と説明しています。

スポンサーリンク

~GA-Bプラットフォームはとにかく低重心でハンドリング性能も高い~

このことから、次期「ヴィッツ/ヤリス」といったコンパクトハッチバックモデルに限らず、コンパクトセダンやコンパクトSUV、コンパクトクロスオーバーといった様々なスタイリングに対応できるプラットフォームとなることが期待されていますが、既にトヨタとしては次期コンパクトSUV(いわゆるBセグメントモデル)の開発には着手している可能性があり、そのプラットフォームにGA-Bを採用するという可能性は十分にあるといえるでしょう。

現在トヨタのコンパクトSUVと言えば、一回り大きいGA-Cプラットフォームを搭載した「C-HR」となりますが、次世代コンパクトSUVはこれよりも更にコンパクトになる一方で、更に剛性が向上し、低重心でハンドリング性能も向上すると言われています。

また、GA-Bの特徴でもある”タイプに応じて、リーズナブルなトーションビームにするのか、複雑なマルチリンクセットアップにするのか?”といった2種類のリヤサスペンションが選択できるというのも大きなポイントになっているそうで、より個性的でダイナミックなモデルとなることは間違いなさそう。

ちなみに、次世代コンパクトSUVモデルは、新型「ヴィッツ/ヤリス」と同様でフランスのValenciennes工場にて製造される可能性が高いとのことで、年間30万台を生産可能とする工場へと拡大する計画もあるそうです。

☆★☆新型「ヤリス/ヴィッツ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう