【本当に発表しちゃった!】トヨタ新型「アルファード」にそっくりなミニバンモデル・ビュイック「GL8」のワイドボディキットが中国にて発売することが判明!【動画有】

2019-09-16

~あの「アルファード」に激似と言われたミニバンが本当に発売するとな?!~

アメリカの自動車メーカ・ゼネラルモータース(GM)が製造・販売する乗用車ブランドのひとつであるビュイックが、中国市場専売モデルとして発表したラージミニバン「GL8」。

このモデルをベースに、中国のアフターパーツメーカが専用ワイドボディキットの試作版を公開したものの、その外観がトヨタ新型「アルファード(Toyota Alphard)」にそっくり(コピー?)と大きな話題になっていたのですが、このワイドボディキットが本当にそのまま市販化されることが判明しました。

既に中国市場では市販準備が進められ、先行予約も受付け中とのことですが、「アルファード」特有のメッキを活かしたオラオラ系のフロントグリルを始め、細部を見ていけばそこまで極端に似せてきたモデルではないものの、遠目から見ると「アルファード」に何となく似ていることがわかります。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~その見た目は「アルファード」をゴリゴリにカスタムしたようにも見える?~

真正面から見るとこんな感じ。
とんでもない迫力ですねコレ…フロントグリルはもちろんのこと、「アルファード」を意識したようなフロントヘッドライトや、フロントインテーク周りの過度なメッキパーツ、そしてフロントフォグランプとは異なる直下に設けられたフロントLEDデイタイムランニングライト等、かなり攻め込んだデザインとなっていることがわかります。

これ、日本で走ってたらゴリゴリにカスタムした「アルファード」と勘違いしてもおかしくないかも…(本当は「アルファード」を真似た中国専売モデルだから何かとややこしいですが…)

~リヤデザインは「GL8」の個性を引出しつつ、エンジン出力はかなりパワフル~

リヤデザインは、敢えて「GL8」の個性を残した感じにはなっていますが、やはりワイドボディキットらしいリヤディフューザーやリヤバンパーなどが装着され、ダミーのマフラカッタも装着されていますね。
実際にはマフラは右下に隠れるようにインストールされているので、かなり環境法規制には気を遣ったモデルとなっています。

なお、気になるパワートレインについては、排気量2.0L 直列4気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力260ps/最大トルク350Nmと中々にパワフルなチューニングが施されています。
トランスミッションは6速ATのみとなり、足廻りについてはリヤマルチリンク独立サスペンションがインストールされ、乗り心地が大幅に向上されているとのことです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Buick GL8 Body kits #buickgl8

Madly Cindyさん(@madly_cindy)がシェアした投稿 –

☆★☆中国メーカ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:xw.qq.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう