フルモデルチェンジ版・ホンダ新型「フィット4(FIT4)」を試乗しての感想を聞いてきた!デュアルモータによる加速はグッド、気になる乗り心地や走行性能は?

2019-09-17

~かなり注目されている新型「フィット4」の試乗感想~

さて、以前より定期的に情報展開しているフルモデルチェンジ版・ホンダ新型「フィット4(FIT4)」について。

既に当ブログでは、グレードや簡易的な装備内容、安全装備(Honda SENSING)、ボディカラー、追加機能をこまかくお伝えしてきましたが、今回はようやく担当セールスさんが新型「フィット4」の勉強会に参加し、併せて試乗会にも参加してきたとのことで、早速今回はハイブリッドモデルの試乗感想を短評にてお届けしたいと思います。

新型「フィット4」を検討されている方は、少しでも参考にしていただけたらと思います。

▽▼▽新型「フィット4」最新記事はコチラ!▽▼▽

スポンサーリンク

~新型「フィット4」は、現行とは全く違う外観を持ち、全く違う乗り物になっているようだ~

まず今回の新型「フィット4」について、担当セールスさんによれば、外観は大幅に変更されていますが、これまで目撃されてきた開発車両は”参考程度”にしておいた方が良いとのこと。
それぐらい今回のデザイン性についての変化は大きいとのことですが、その一方でセールスさん的にはマイルドで愛着の持てる顔つきになっているとのことでした。とりあえず現行「フィット3」とは全く別物になっていると考えた方が良さそうです。

試乗した結果についても、現行「フィット3」のシングルモータi-DCDシステムに比べて、今回のデュアルモータとなる新開発SPORT HYBRID i-MMDを採用したことにより、加速はもちろんのこと、トルクの立ち上がりが非常に強くなっていて別の乗り物に乗っている感覚だった模様。
一体どんな印象だったのか、以下にまとめていきたいと思います。

~車内に乗ってからエンジンをかけるまでの変化もかなり大きいようだ~

まずは、実際に試乗する上でのシートへの乗り込みについてですが、サイドシルの位置がかなり低いところにあるため、足をそこまで上げなくてもすぐにフロアマットに乗せることができるので非常に楽とのこと。
姿勢もそこまで極端に屈める必要性がないので、自然と形でシートへと座れるそうです。

そして、車内はかなり広々としていて、現行「フィット3」に比べて天井が高く感じるというのもポイント。
その代り、シートポジションが低くなっているそうで、スポーツハッチバック(MPV)に乗っているような感覚にもなるとのこと。

続いてエンジン始動についてですが、エンジンスタータスイッチを押してからエンジンが始動する際の振動は全くなく、車内も非常に静か。
遮音性が非常に高いのか、エンジンが掛かっていないような感覚になるほどに静かで、乗っていてもストレスを感じないとのことでした。

~気になる加速や乗り心地、走りはどうだ?~

そしてここからがようやく試乗。
試乗コースはサーキットということで、公道を想定した走りやオーバースピードによるコーナリング性能などもチェックしたようですが、まずはアクセルを踏み込んでからの加速フィーリングを体感。
これはデュアルモータを搭載した新開発SPORT HYBRID i-MMDを採用したことで、モータのアシスト力がアップし、現行「フィット3」よりもスムーズに加速していくとのことでした。感覚的には物凄く静かなターボ車に乗っている感じだそう。

公道を想定しての走りについては、速度も50km/h~60km/hにて走行しても、ロードノイズはあまり拾うことなく、車内も静かで落ち着いた走りができるというのも大きなポイント。

現行では、ガタガタとした走りが少し目立ったそうですが、そういった気になる点を上手く改善しているそうで、間違いなく走りや乗り心地の質感は向上しているとのことでした。
ちなみに、乗り心地としては現行に比べて少しカタクなっている印象だったようです。

またちょっとしたオーバースピードでのコーナリングについては、しっかりとグリップ力もあって、外側にあまり膨らむこともなく、しっかりと狙ったラインに沿って走ることができているのもグッドポイント。

コーナーを抜けたあとのモータとエンジンを組合わせたハイブリッドの走りによって、更に高いスピードへと到達するので、こういったところのストレス性は解消されているとのことですし、かなり期待できる一台ではないか?とのことでした。

☆★☆新型「フィット4(FIT4)」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう