ビッグマイナーチェンジ版の三菱・新型「デリカD:5」がオーストラリア市場にも進出予定。既に顧客からの問合せが殺到し、発売も決定していないのにオーダーをかける人も

~新型「デリカD:5」は海外ではかなり注目されているらしい~

2018年12月20日に、ビッグマイナーチェンジ版として新しく発売スタートした三菱・新型ミニバン「デリカD:5(Mitsubishi Delica D:5)」ですが、どうやらこのモデルがオーストラリア市場においても販売される可能性があるとのこと。

オーストラリア三菱CEOであるジョン・シニョリエッロ氏によれば、現在新型「デリカD:5」を導入しようと検討しているとのことで、既にオーストラリアユーザーからも導入してほしいとの要望が殺到しているそうで、加えていつどのタイミングで、どういった価格帯にて市販化されるかも判明していないのに、先日のインド市場でのスズキ新型「ジムニー」同様に、先行オーダーをかけている人もいるようです。

三菱独自の四輪駆動モデルはもちろんのこと、オフロードでも活用できる足回りが日本市場以外でも非常に評判が高いとのことで、アジア市場だけで評価されるのは非常に勿体ないとも言われています。

スポンサーリンク

~仮にオーストラリア市場にて発売するならば、エンジン出力は若干向上する模様~

「デリカD:5」は、2007年1月に誕生して以来、フルモデルチェンジは施されていないため、プラットフォームは「ランサー/アウトランダー」と同じGSプラットフォームをベースとしています。
そしてデザイン性においては、近年の三菱にてよく見られる「トライトン/パジェロ・スポーツ/eKクロス」と同じダイナミックシールドグリルを採用することで、三菱独自のデザイン性を確立しています。

車内においては、センターダッシュボードに10.1インチのインフォテイメントタッチスクリーンを搭載し、回転式ギアシフターも備えた再設計を施したセンターコンソールも採用しています。

パワートレインについては、日本市場にて販売されているモデルと同じ排気量2.2L 直列4気筒ディーゼルターボエンジン(アドブルー付き)を搭載し、最高出力172ps/最大トルク392Nmと若干チューニングが施されることがわかっているそうです。

☆★☆新型「デリカD:5」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motoring

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう