(米)ホンダが2020年モデル・新型「CR-V」を発表!フロントデザインはスタイリッシュに、先代モデルに比べて何がどう変わったの?

~遂に新型「CR-V」が世界初公開!~

アメリカ市場において、ホンダのラインナップモデルでは最も売れているSUVモデル「CR-V」が、2020年モデルとして新たな顔つきとなって発表されました。
今回発表された新型「CR-V」は、ミッドサイクルアップデートの一環として登場し、まずはハイブリッドモデルとして登場。

パッと見では大幅な変更は施されていないようにも見えますが、先代から具体的にどういった部分が変更・改良されているのかも見ていきましょう。

スポンサーリンク

~早速先代モデルと比較してみよう~

早速新型「CR-V」のフロントフェイスを見ていきましょう。
今回のフェイスリフトにより、ダーククローム風のフレームデザインが施されたライトと、フロントフォグランプ周りのメッキパーツが改良されていますね(全体的にメッキパーツが増えたようにも見える)。

これにより、全体的な顔つきが非常に引き締まったように見え、先代に比べるとスポーティでありながらもスタイリッシュ且つアグレッシブ、それでいて高級感も加味された一台へと進化しています。

現行「CR-V」

こちらが先代の「CR-V」。
新型に比べて落ち着きのある顔つきに見えますが、正直パッと見ではどの辺りが変化したのかがわからないレベルだと思いますね。

こちらはリヤデザイン。
こちらもパッと見でははっきりとした変化はわかりにくいかと思いますが、リヤテールライト周りのメッキパーツ(特に縦型のところ)をダーククロームに改良することでシックに仕上がっていますね。

あとはリヤアンダーバンパーにもフェイクマフラと直結式のメッキパーツを加味することで、ちょっとしたアクセントへと変化。
足もとのホイールデザインは、グレードによって異なるとは思いますが、先代に比べると落ち着いたように見えます。

現行「CR-V」

こちらが先代モデル。
新型「CR-V」と見比べてみると、確かにちょっとした変化はありますが、それもほんと微小だと思います。

~インテリアもアップデートへ~

続いてはインテリアを見ていきましょう。
まずはセンターコンソールに、シフト式ではなく新型「パイロット/アコード」から応用させたプッシュボタン式のギアセレクターが搭載されていますね。
あとはドライブモードを選択できる「Eco/SPORT/EV」も搭載され、実用性を考慮してワイヤレススマートフォン充電も完備。

運転席側のインフォテイメントディスプレイには、デジタル計器だけでなく、車両の電力や充電状態などの情報も表示されるようになっていますし、エンジンブレーキを多用する方にとっては必須ともいえるパドルシフトも標準装備。

シートも高級感のあるレザーを採用していますね(ホワイトというのがかなり良い感じ)。
あとはセンターパネルにApple CarPlay/Android Autoの搭載する7インチタッチスクリーンに加え、ナビゲーションシステムやデュアルゾーン環境制御、USBポート等も完備しています。

後席も広々しながらも、6:4可倒式を標準装備。

トランクスペースも充実していますね。

気になるハイブリッドモデルのパワートレインですが、排気量2.0L 直列4気筒エンジン+2モータ式のハイブリッドシステム(i-MMD)を採用することで、システム総出力212hpを発揮。
駆動方式については四輪駆動が標準装備となっているそうです。

☆★☆「CR-V」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう