ランボルギーニ「ウラカンEvo」ベースの開発車両が登場。遂にハイパフォーマンスモデル”Evoペルフォルマンテ”が登場か?

~「ウラカンEvo」ベースのテストカーの正体とは?~

ランボルギーニの現行エントリーモデル「ウラカンEvo(Lamborghini Huracan Evo)」ですが、このモデルをベースにしたハイパフォーマンス版(ウラカンEvoペルフォルマンテ?)と思われる開発車両が目撃されています。

欧州のサーキット場にて目撃されている「ウラカンEvo」ベースの開発車両ですが、フロントフェイスは現行と変わらずで特に大きな変化は無さそうにも見えますね。

スポンサーリンク

~デザイン的には特に大きな変更点は無さそう~

サイドから見てスタイリングはこんな感じ。
こちらも特に大きな変化はなく、折り紙をモチーフにした「ウラカン」特有の鋭いスタイリングはそのままとなっていますし、足元には初期型から採用されている20インチのMIMAS鍛造アルミホイールを装着しています。

リヤデザインはこんな感じ。
リヤエンジンカバーがまさかのカーボンベイタイプですが、「アヴェンタドールS(Aventador S)」っぽいデザインにも見えます。
ルーバーっぽい感じで後方視界は絶望的とも言えますが、デザイン性としては非常に好み。

リヤマフラはこれまで通りセンター2本だしとなっていますが、もしかすると今回の開発車両はハイパフォーマンス仕様ではなくフェイスリフト版の可能性もあるかもしれません。

「ウラカンEvo」のパワートレインは、排気量5.2L V型10気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力640ps/最大トルク600Nmを発揮しますが、今回の新型でアップグレードされるかは不明。もしかしたらそのままの流用かもしれません。

もしも「ウラカンEvoペルフォルマンテ」として登場する際には、最高出力640ps→670psにまで向上し、直線のパフォーマンスとしては0-100km/hの加速時間が2.9秒、最高時速は325km/h以上になると予想されていますが、この辺りの詳細はもしかすると年内中に明らかになるかもしれませんね。

☆★☆「ウラカン」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう