ホンダ新型「シビック・タイプR」のエンジンを搭載し600馬力まで向上させたATS「コルサRRターボ」が世界初公開!車体重量は僅か780kgのクレイジーモデル

~またまた「シビック・タイプR」のエンジンを使用したクレイジーモデルが登場~

元フェラーリF1のエンジニアチームによって創業されたAutomobili Turismo e Sport Automobili(ATS)は以前、マクラーレン「MP4-12C」をベースにしたコーチビルドモデル「GT Launch Edition」を世界限定12台のみ販売し大きな話題を呼びましたが、今度は何と更に過激なライトウェイトスポーツモデル「コルサRRターボ(Corsa RR Turbo)」を発表・発売しました。

スポンサーリンク

~エンジン出力は驚異の600馬力を発揮~

このモデルには、ホンダ新型「シビック・タイプR(Honda Civic Type R)」に採用されている排気量2.0L 直列4気筒VTECターボエンジンを搭載し、ECUセットアップと特注の吸気及びエキゾーストマニホールド、ギャレットタービン、そして鍛造ピストンを採用することによって最高出力600hp/4,000rpm~7,000rpm、最大トルク530Nm/8,500rpmにまで大幅にパワーアップさせています。

駆動方式はリミテッドスリップディファレンシャルを介した後輪駆動を採用し、トランスミッションは6速3MO FTXシーケンシャルを搭載。

~これだけのボリューム感を持ちながらも車体重量は僅か780kg~

細かいパフォーマンス性については明らかにされていないものの、車体重量においては僅か780kgと非常に軽量で、ロールケージレスやらクロームモリブデンスペースフレームシャシーを採用するやら、カーボンファイバパーツを多用するやらで、一切の無駄を排除。
これにより、パワーウェイトレシオは1.3kg/hpという驚異的な数値を誇ります。

足周りの制動力については、鋳鉄製のブレーキディスクを備える4ピストンブレンボ製キャリパーを標準にてインストールしていますが、オプションにて350mmのカーボンセラミックディスクを備える超軽量ATS-Sicomモノブロックキャリパーも準備しています(ブレンボよりも強力とかマジでクレイジー)。

~価格帯は意外にもリーズナブルな約1,320万円~

その他の装備内容については、タッチスクリーンディスプレイやミシュラン製レーシングタイヤ、AIMダッシュロガーを介した電子式トラクションショックアブソーバーを備えるダブルウィッシュボーンプッシュロッドサスペンション、ライブストリーミングトラックセッション用車載カメラといった、走りに特化させた装備が充実。

気になる価格帯についてですが、車両本体価格は約1,320万円からの発売ということで、現在既に受注は受け付けているとのこと。
なお、初期ロットのデリバリーは2020年春頃を予定しているとのことです。

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう