日産「キューブ」の後継モデルが登場するとの噂が浮上。フルモデルチェンジ版・新型「ノート」発売のタイミングに合わせてくる?

~年内で生産終了する「キューブ」に早くも後継モデルの話が?~

2019年12月末を持って生産が終了する日産のトールワゴンモデル「キューブ(Nissan Cube)」ですが、何とこの個体をベースにした後継モデルが2020年夏ごろに登場する?との噂が浮上しています。

自動車情報誌ベストカーの情報によると、「キューブ」の後継モデルには先日フルモデルチェンジ版を発表・発売したばかりとなる新型「ジューク(Juke)」と同じ排気量1.0L 直列3気筒ターボエンジンの他、e-POWER技術を搭載した新エンジンもラインナップする可能性があるとのことで、現在新型車が全く登場してこない日産にとっては非常に重要なモデルになるかもしれません。

スポンサーリンク

~次期「ノート」との兄弟モデルになるとの見方も~

また、来年夏ごろより新型「ノート」もフルモデルチェンジを果たす予定とのことで、もしかしたら同じタイミングでの登場が期待できるかもしれません。

プラットフォームについても、現在は「キューブ/ノート」の何れもBプラットフォームを共有していますが、次期モデルでは新型「ジューク」同様に、高張力鋼板等を取り込んだ高剛性プラットフォームを流用する可能性もあるとのことから、全長や全幅、ホイールベースは拡大し、車高は若干ローダウンすることで低重心化を図り、スポーティ且つ走行性能を高めた一台となるかもしれませんね。

ちなみに、どうして「キューブ」が生産終了となったかは明らかにされておらず、しかし今もなお安定した人気を持っている日産の代表的なモデルの一つではありました。
確かに現行ラインナップから一部排除していく考えも示していたため、その中で最も目立ったマイナーチェンジやモデルチェンが行われず、衝突被害軽減ブレーキや先進安全装備が設定されていなかったことを考えると、既にこの時点で生産終了の前兆はあったのかもしれません。

次なる「キューブ」の後継モデルとして登場するかもしれない個体については、「ノート/ジューク」とは異なる特別な個性を持った一台となる可能性はあるかもしれませんし、利便性を大きく図ったスライドドア採用のトールワゴンとして登場するかもしれないですから、この辺りはちょっと期待しても良い一台かもしれません。

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう