これ、本当?レクサス「UX」の市販モデルのフェイス画像がリーク

トヨタ「CH-R」のレクサス版と言われている、コンパクトSUV「UX」。
その市販モデルと思われるフェイスデザインの画像がリークしたとのことですが、この画像を見る限り、雑誌の一部といえますね。

また、市販化モデルの予想フロントフェイスも公開されていますが、新型「RX」のような三眼LEDとポジションライトが一体となっている上に、更に改めてポジションライトが設置されていますが、ちょっと盛込み過ぎなデザインでもありますね。

スポンサーリンク

レクサス「UX」は、昨年のパリモーターショーにて公開されたコンセプトカーですが、上の画像を見る限りどうやら今年の6月に発売される可能性があるとのこと。
レクサス「UX」は、コンパクトハッチバック「CT200h」の後継者車種になるわけです、ベースはトヨタ「CH-R」ですね。

サイズ面においては、引き締まったボディとなるとのことで車幅は1,800mm程。
また、内装においてはこれまで全く新しい先進的なレクサスの技術が採用され、更にこれまでかなり注目されてきた蜘蛛の巣をイメージした「キネティックシート」がオプション設定される可能性が高いとのことです。

パワートレインにおいては、やはり「CH-R」と同様に排気量1.8L+モータと排気量1.2Lターボが設定されるとのこと。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう