トヨタ新型「RAV4」を早くも過激カスタムしたチューナー現る。ホットハッチならぬホットSUVで「RAV4」の魅力も倍増?

~完全にオフロード志向ではなくなった新型「RAV4」~

トヨタ「プリウス(Prius)/86(ハチロク)/ヴェルファイア(Vellfire)」といった国産モデルのカスタムを得意とする日本チューナー・Kuhl Racingが、トヨタ新型オフロードSUV「RAV4」を早くもカスタム。

トヨタが純正にて発表してきたTRDやモデリスタとは大きく異なる更にヤンチャ仕様のカスタムモデルとなっていて、ローダウンはもちろんのこと、足元には大口径アルミホイール&低扁平タイヤ、そして新たな魅力を引き出すワイドボディキットを装着しています。

スポンサーリンク

~純正の持ち味をしっかりと引きだした見事な一台~

改めてフロントから見ていくと、オフロード志向ではなく都会派SUVを強調させるようなチンスポイラーを装備し、フロントフォグランプを排除してブラックのアクセントを際立たせたコの字型パーツ、そしてホワイトのアクセントとなるサイドスカートを装着。

足回りにはローダウンスプリングをインストールすることで車高をグッと落し、スタンスチックなスタイルにすることでSUVというよりも大型ステーションワゴン風に変化。この武骨な感じもまた良い味を引き出していますし、ホットハッチならぬホットSUVという新しいジャンルを切り拓きそうな一台です(あくまで個人的な感想です)。

~リヤのボリューム感もかなり凄いぞ!~

リヤデザインもかなり過激ですね。
ホワイトのディテールアクセントが入ったリヤディフューザーと、日産「GT-R R35」のような両サイド2本出しのクワッドエキゾーストパイプをインストールすることで、ローダウンされた新型「RAV4」を更にワイド&ローに仕上げています。

なお、これ以外についてKuhl Racingからの説明はなく、インテリアやエンジンのカスタムチューニングは今のところ無し。
おそらくエクステリアボディキットのみだとは思いますが、見た目だけでも十分インパクトのある仕上がりになっているのではないかと思いますね。

☆★☆Kuhl Racing関連記事4選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう