【遂に実車デビュー!】トヨタ新型「アルファード」にそっくりと話題の中国専売モデル・ビュイック「GL8」が登場!何とプレスリリース後に大幅変更でよりアグレッシブに、気になるその価格帯は?

~イベント会場では新型「アルファードの廉価版」と呼ばれいる模様~

アメリカの自動車メーカ・ゼネラルモータース(GM)が製造・販売する乗用車ブランドのひとつであるビュイックの中国市場専売モデルとなる新型ラージミニバンモデル「GL8」。
このモデルをベースに、中国のアフターパーツメーカが専用ワイドボディキットを発表したのですが、そのフロントマスクがトヨタ新型「アルファード(Toyota Alphard)」にそっくりと大きな話題となりました。

そんなワイドボディキットを装着した新型「GL8」が、遂に中国のイベントにて実車デビューを果たしたのですが、その佇まいやデザイン性は確かに新型「アルファード」の雰囲気を醸し出しているものの、これが相応以上にカッコよく、イベント会場では「アルファードの廉価版」と言われていましたが、これはこれで結構アリなデザインではないかなぁと思ったりもします。

そして、これは前回もご紹介した通り、フロントデザインは真っ直ぐと滝のように流れ落ちるヴァーティカルスリットの入ったグリルを装着し、高級感だけでなく威圧感も加味(ちょっとトヨタ「エスクァイア」っぽくも見える)。
ウィンカー部分は画像の関係で見切れていますが、フロントフォグ周りのL字へと変更され、点滅ではなく流れるタイプのシーケンシャルウィンカーを採用しています。

スポンサーリンク

~何とプレスリリース後にデザインを変更!~

こちらが真正面から見た新型「GL8」。
メッキパーツのギラギラ感とオラオラ感はトヨタのデザインを上手く踏襲しているように思えます(別の言い方をすればパクッてる)。

サイドから見たスタイリングはこんな感じ。
サイドスカート部分にはメッキパーツが加味され、更に足元には245/45 R19のミシュラン製タイヤとゴールドのセンターキャップ付となる19インチ・マルチストリップアルミホイールが装着されていますね。

実車デビューする前までは、純正の17インチアルミホイールが装着されていましたが、もしかすると社外製ホイールを装着することでVIP感を演出したかったのかもしれませんね(いや純粋にカッコいいぞコレ)。

リヤデザインもまさかの大幅変更!
以前の公式画像では、リヤテールランプは直結式ではなく左右独立式でしたが、何とプレスリリース後に設計変更されたそうで、実車モデルではまさかの直結タイプのセンターストリップを採用しています。

これまた見切れてしまっていますが、リヤバンパーのデザインも変更され、ダミーマフラチップがリヤディフューザーと一式になっています。

~気になるワイドボディキットの価格帯は?~

パワートレインは、排気量2.0L 直列4気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力201ps/最大トルク320Nmを発揮。
トランスミッションは6速AT/6速MTの何れかから選択が可能となっています。

そして気になる今回のワイドボディキットですが、ソース元の情報によると、フロントバンパーやサイドスカート、リヤディフューザー等一式で約150万円程となるそうで、しかし工賃は含まれていないと言うことで、少なくとも200万円程になるのではないかとのことです。

☆★☆ビュイック「GL8」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:k.sina.com.cn

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう