今すぐ日本でも販売を!ホンダ新型スポーツSUV「ブリーズ(Breeze)」が遂に世界初公開!価格は約270万円から、ターボとハイブリッドの2種類をラインナップ

~これは日本でも売れるかもしれないぞ!~

以前より大きな話題となっていた中国専売モデルとなるホンダの新型スポーツSUV「ブリーズ(Honda Breeze)」ですが、本日9月25日に世界初公開されました。

新型「ブリーズ」は、「CR-V」の姉妹モデルとして誕生し、スポーツターボとスポーツハイブリッドの2種類がラインナップされるとのことで、価格帯としては約270万円からの販売となります。

ボディサイズとしては、全長4,634mm×全幅1,855mm×全高1,689mm、そしてホイールベース2,661mmと、ワイド且つロングホイールベース化することで、室内空間も大きく確保しているとのこと。

スポンサーリンク

~とにかくスポーティと高級感、利便性を追求したホンダ渾身の一台~

このモデルでは、第二世代となるホンダ・コネクトシステムとHonda SENSING機能を備えるだけでなく、かなりスポーティともいえるLEDストリーマーヘッドライトや19インチアルミホイール、更にはワイヤレススマートフォン充電機能が備わっています。

また、ホンダとしてはちょっと珍しいキック式電動テールゲートも全グレード標準装備されるというのもありがたいポイントで、是非ともこうした便利機能を全て標準装備した状態で、日本での市販化も検討してほしいところです。

中国市場においても、クロスオーバー/SUV市場は年々激化していることもあってか、今回のように豪華な装備を標準化しない限り太刀打ちができないレベルになってきているのかもしれませんね。

ちなみに外観としては、「ヴェゼル/CR-V」とは大きく異なるアグレッシブスタイルで、どちらかと言うと「シビック」をSUVテイストにした感じの印象が強いですね。
その他にも、高級感と威圧感を加味するためにクロームトリムも加味されていますし、ボディカラーも高級感とスポーティ感を両立したメタリックパープルも採用しています。

リヤテールランプもかなりスタイリッシュでアグレッシブなL字型を採用しています。

インテリアは公開されていませんが、パーキングブレーキは電動式を採用し、オートブレーキホールドもしっかりと標準装備されています。

その他にはついては、様々なオプションがセットとなった”ブラック・エディション(Black Edition)”も準備されているとのことで、その内容としてはタイヤサイズも235/65 R17 104Hと235/55 R19 101Yといったタイヤ仕様や、フロントフォグランプ、Bピラー/Cピラーウィンドウのブラックアクセント追加、ホイール・ドア・バックバンプのブラックアウト、ブラウン系のフロントクロームアクセント、フロント・リヤレーダー、カメラ付外部ミラー(右のみ)、パノラマサンルーフが全て装備されています。

なお、気になるパワートレインとしては、排気量1.5L 直列4気筒ターボエンジン(最高出力193ps/最大トルク243Nm)と、排気量2.0L 直列4気筒i-VTECエンジン+電気モータを組合わせたハイブリッドシステム(システム総出力215ps/最大トルク315Nm)の2種類となります。

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:KEYAUTO.MT

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう