何コレ凄い!スズキ新型「ジムニー・シエラ」に日産「スカイラインGT-R(ハコスカ)」の顔面を移植してみた!というレンダリングが公開

~これまで登場してきたレンダリングで最も印象に残る作品かもしれない~

2018年7月に20年ぶりとなるフルモデルチェンジを果たし、発売スタートして1年以上が経過した今でも、納期1年以上が続く大人気モデルとなるスズキ新型「ジムニー(Jimny)/ジムニー・シエラ(Jimny Sierra)」。
過去これまで、5ドアモデルやピックアップトラックモデル、更にはシャコタンモデルといった様々な派生版のイメージレンダリングも公開されてきましたが、今回はかなり強烈ともいえるレンダリングが登場。

何と「ジムニー・シエラ」をベースに、フロントには日産の”ハコスカ”こと「スカイラインGT-R」を移植すると言う、かなり渋いレンダリングが公開されています。

早速「ハコスカ・ジムニー?」のレンダリングを見ていくと、フロントグリルの変更はもちろんのこと、最も特徴的ともいえる2灯式のフロントヘッドライトが搭載され、ヘッドライトのすぐ横には”GT-R”ではなく敢えて”GT”というレッドバッジを装着。

そのすぐ下のフラットなハウジングは、おそらくウィンカーになると思われますが、この辺りもしっかりとハコスカの要素を取り入れているのは素晴らしいですね(何れのモデルもスクエア型のフロントエンドなので上手くマッチしている)。

スポンサーリンク

~フロントマスクだけじゃなく、足元にもちょっとした工夫が?~

そのほか、フロントロアバンパーはブラックプラスチックのプロテクタパーツが装着されているものの、ハコスカの顔面とオフロードという組合わせも中々にイケてるのが正直な感想。
いずれこうした変態カスタムが登場してもおかしくは無い気がします。

足元にはおそらく、ワタナベ風ホイールが装着されていると思いますが、インセットな上にフロント・リヤのホイールの細さが目立ってしまっているのはちょっと残念なところかも。

おそらく16インチ位のアルミホイールを装着しているのではないかと思いますが、もう少しインチダウン&極太仕様にさせて、更に車高もローダウンすると申し分ないと思います(そうなるとオフロードのコンセプトは完全に崩れますが…)。

あと、今回はフロントのみでリヤのレンダリングは公開されていませんが、是非ともサイドやリヤデザインのレンダリングも見てみたいと思える男心をくすぐる作品だと思います。

☆★☆「ジムニー」レンダリング関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう