納車されて間もないのホンダ新型「シビック・タイプR」がヤフオクにて出品。転売目的かと思いきやその理由がかなり衝撃的だった【再掲&アップデート】

まだまだ新品状態の「シビック・タイプR」がヤフオクに登場。一体なぜ?

※本記事は、2019年2月にアップされた過去記事となりますが、評判の高い記事でもありその後この「シビック・タイプR」もどうなったかを簡単にまとめていますので再掲させていただきました。

インターネットヤフーオークション(現在はリンク切れ)にて、納車したばかりのホンダ新型「シビック・タイプR(Honda Civic Type R)」が早くも出品に。
ボディカラーは、かなり希少ともいえるブリリアントスポーティーブルー・メタリックを設定し、インテリアはフルオプション、外観は様々なカスタムが施されていて相当にお金と労力を重ねたインパクトの強い個体となっています。

2018年10月頃に納車しており、走行距離は僅か2,190kmと慣らし程度ではありますが、なぜこのような極上の個体が出品されていたのでしょうか?

スポンサーリンク

出品車の想いを伝えるためにヤフオクに出品

即決価格は560万円、2019年2月18日現在では520万円ということで、てっきり転売目的での出品?かと考えたりしましたが、出品者のコメント欄を見てみると、そこには衝撃的な内容が記載されていました。

ちなみに以下が出品者のコメント内容。

現行シビックタイプRの希少のブルーになります。昨年の1月に契約し、やっと10月末に納車になったばかりです。実は私が、昨年仕事で両手の親指、人差し指を痛めてしまい、今年の1月に障害が残る様になってしまいました。その為、マニュアル車やスポーツタイプのステアリングを握る事が困難な状況になりました。とっても楽しみにしてやっと納車されたのですが、現在も使用しておりますが、とても操作が辛く、今後は他車種の小さい軽自動車に変える必要があります。
内装フルオプション(照明やランプ類はブルー系で統一してあります)+前後ドライブレコーダー、最新最上位機種レーダー、無限シートベルトカバー、無限シートスペース、他色々です。
外装は、無限バイザーと画像の通りです。
LED連動リフレクター、社外ホーンとレースチップを付けています。
恐らく、パワーは350PS以上、トルクは44kg/m以上は出ていると思います。
フル加速するとトラコンが直ぐに機能します。ノーマルでは分かりませんでした。
目立つ傷は全くありません。
一応、中古車ですので多少の洗車キズはあると思います。
高額商品ですので、現車確認をお勧めします。またとても綺麗な車ですので観て納得して頂きたいと思います。ガレージ保管です。
神経質な方の御入札はご遠慮願います。
また、お支払いは現金払いに限ります。
残債処理まで多少お時間を頂きます。
(振込)落札後はN/C・N/R・N/Kでお願い致します。
着払いになりますが、陸送手配は此方でも出来ます。
ナンバーは字光式になっています。宜しくお願い致します。
別途、19インチ新品アルミ+BS・VRX16年製もあります。

上記の通り、手に障がいを抱えてしまったことから、マニュアル車両の運転が困難になってしまったとのこと。
そのため、この車両を大事に乗っていただける次のオーナーに託すために、こうしたコメント欄を活用してヤフオクに出品したのだと考えられますね。

中古車サイト等では、こうした出品者の想いやコメントを載せることはできないため、「どうして売却することになったのか?」等の経緯を記載することはできませんし、どういった人に乗ってほしいかも伝えることができないため、出品者は敢えて手間のかかる方法を選択したのかもしれません。

ただ、ヤフオクといえども価格は500万円超えとかなりの大きい買い物になり、一括で購入するにはリスクとかなりの勇気が必要になるため、中々落札されることはむずかしいのではないか?と考えたりします。

[追記]出品者様について取材させて頂いたところ、この「シビック・タイプR」は既に売却済みで、別のオーナーによって所有されているとのことです。

☆★☆「シビック」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう