3度目となるスバル新型「レヴォーグ」の開発車両をキャッチ!これまで目撃されてきたものも含めてまとめてみよう

~新型「レヴォーグ」は関東のあらゆるところで目撃されているようだ~

10月23日より開催される東京モーターショー2019プレスデーにて、スバル新型「レヴォーグ(Subaru Levorg)」が世界初公開されますが、おそらくそのモデルと思われる開発車両が関東のあらゆるところにて目撃されています。
今回で三度目となる新型「レヴォーグ」の開発車両ですが、今回も東京都内にてリヤデザインのみが捕捉されていますね(情報提供頂いたS様には心より感謝申し上げます)。

開発車両自体は、前回同様にボディ全体にはかなり分厚めのカモフラージュラッピングにて偽装され、そのスタイリングとしてはステーションワゴンであることが明確にわかり、リヤエキゾーストパイプも両サイド1本だしとなるデュアルエキゾーストレイアウトとなっていることがわかりますね。

via:https://www.subaru.jp/

リヤテールランプの形状については、先日スバルが公開したティーザー画像同様に現行「レヴォーグ」とほぼ同じコの字型が採用されていると思われます。

スポンサーリンク

~これまで目撃されてきた開発車両もチェックしていこう~

ちなみにコチラは、北関東の高速道路にて目撃されている開発車両となりますが、恐らく全く同じモデルだと思われ、そのボディスタイルはかなり引き締まったものになっていますね。

そしてコチラがつい先日東京都内の東京駅近くにて目撃された新型「レヴォーグ」のフロントデザイン。
カモフラージュは分厚めでわかりにくいですが、フロントボンネットには従来通りのダクトが設けられ、フロントヘッドライトのハウジングは立体感がさらに強調されています。

単眼のフロントLEDヘッドライトも装着されていますが、LEDデイタイムランニングライトは従来通りのコの字型になると思われ、フロントグリルフレームは特に大きな変更は無いと予想されるも、フロントエンブレムに沿った水平基調の太いバー(メッキ調?)が装備されていますね。

~パワートレインは排気量1.8Lターボのみがラインナップ?~

なお、自動車情報誌ベストカーでもこのモデルについてピックアップしており、アイサイトツーリングアシストの次世代版を搭載すると断言。
加えてパワートレインについても、排気量1.6Lターボ/2.0Lターボの2種類から、排気量1.8Lターボの1種類のみをラインナップしていく予定であるとも説明しています。

フロントのデザイン性においては、スイス・ジュネーブモーターショー2018にて公開された「ヴィジブ・ツアラー・コンセプト」のようなエッジを聞かせたデザインとなる可能性が高いとのことで、スバルの新たなデザイン言語を生み出す重要な一台になるのではないかと思いますね。

☆★☆スバル関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう