日産「ジューク」の過激カスタムレンダリング再び。シャコタン&オーバーフェンダー上等、「GT-R」のエンジンをブチ込んだクレイジー仕様でヨロシク!

~恐らくこれまでで最もクレイジーな「ジューク」のレンダリングだと思う~

最近トレンドになりつつあるシャコタン&オーバーフェンダーの族車レンダリング。
今回も、以前に引き続き日産「ジューク(Nissan Juke)」を過激に改造したレンダリングが公開されていますが、これまでとは全く異なり、ハードチューンされた「ジュークR」並みの強烈なエンジンをブチ込んだことを前提にしたレンダリングだそうで、ワイドボディキットや足回りもそれなりに力を入れたデザインになっているそうです。

スポンサーリンク

~ただ単純に改造だけではなく、パフォーマンスを高めるための工夫も施されている模様~

もはや見た目からして普通ではない「ジューク」の過激改造モデルですが、ボディカラーは謎のブラウン系に全塗装され、フロントフードやフロントエンドのメッキ部分は全てカーボンファイバパーツに交換。
フロントバンパーからフロント・リヤフェンダー自体を完全に取り替えたワイドボディキットを装着し、更に足回りもリフトアップ可能なエアサスペンションをインストールしています。

別の角度からも見てみましょう。
フェンダーの張り出し方もとんでもないですが、そもそも足元のタイヤ・アルミホイールって何インチほどでどれだけの太さなんでしょうね…

ブレーキキャリパもブレンボ製の超強力なカーボンブレーキを搭載しているとのことで、ただ単純に見た目を族車風に仕上げただけでなく、サーキットやドラッグレースでも遺憾なく発揮できるのだとか。とりあえず見た目にまどわされてはいけません。「ジューク」はやるときにはやるんです。

ちなみにフロントボンネット下には、排気量1.6Lターボエンジンではなく、「GT-R R35」に搭載される排気量3.6L V型6気筒ツインターボエンジンにターボチャージャーを追加しているそうで、最高出力は600hp近くまで発揮(レンダリングなのでこの辺りの設定値はデジタルアーティストのセンスが問われる)。

リヤエンドも中々に過激ですね。
ルーフスポイラとリヤウィングを組合わせたデュアルウィングを採用し、リヤエプロンとセンター2本だしのデュアルエキゾーストシステムもかなり良い感じでまとまっています。
ちなみにナンバープレートはまさかの”沖縄”仕様ということで、デジタルアーティストはこの県に関しては何か深い思い入れがあるのかもしれませんね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

My friend told me before few days when I posted Duster and Multipla. If I want to save a world. And I mean that’s it’s too late. DESIGN | @rostislav_prokop

Rostislav Prokopさん(@rostislav_prokop)がシェアした投稿 –

☆★☆レンダリング関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう