フルモデルチェンジ版・ホンダ新型「フィット4(FIT4)」のインテリアを鮮明にキャッチ。気になるパドルシフトは?ダッシュボードも水平基調でシンプルに

~新型「フィット4」の発表まであと少し、インテリアデザインもおさらいしておこう~

先日、自動車ニュースサイトMotorAuthorityがとり上げた、フルモデルチェンジ版・ホンダ新型「フィット4(FIT4)」のSUVテイストグレード”クロスター(CROSSTAR)”の開発車両を細かくチェックしていきましたが、今回は更に鮮明になったインテリアを見ていきたいと思います。

インテリアデザインについては、当ブログでもホンダディーラより確認させて頂いた資料をもとにまとめましたが、改めて新型「フィット4」のインテリアデザインがどのような仕上がりになるのか、そして意外とこれまでチェックできていなかったポイントも見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

~新型「フィット4」のインテリアは先進性と操作性を重要視している~

改めて新型「フィット4」のインテリアを見ていきましょう。
今回のフルモデルチェンジではコックピットが一新されるということで、運転席側のダッシュボードが水平基調で非常にシンプルにまとまっているのがわかりますね(っというかダッシュボードエリア広くね?!)。

また、運転席メータについても7インチフルTFT液晶メータが全グレード標準装備されるとのことなので、このあたりの先進性の進化も大きなポイントとなる一方、メータ関係はもしかするとアナログタイプではなく、フルデジタルとなるかもしれません。

ナビゲーションディスプレイについては、最大9インチまで搭載可能になり、以前の記事でもお伝えした通りエアコンの遠隔操作や緊急通報サービスを提供する「ホンダ・コネクティッド・サービス」との連携も可能になるそうです。

そしてこちらは少し遠目から見たインテリア。
データ取りなどをしている関係で、ステアリングホイールのデザインを確認することはできませんが、今回のフルモデルチェンジにより、これまで3スポーク式だったものがスポーティな2スポーク式へと変更されることになります。

スポーツカーやスーパーカー等で採用されている2スポーク式というのはちょっと驚きではありますが、握りやすさや操作性を考慮してのデザイン変更ということでこの辺りもかなり期待のできるポイントではないかと思いますね。

あとはエアコン操作類が現行「フィット3」のタッチパネル式から、ダイヤル式に変更されているところも大きなポイントですね。この辺りは完全に操作性を考慮した結果だと思います。

そして個人的に最も気になっているパドルシフトですが、今回の目撃されているクロスターでは搭載されていないように見えますね。
噂によれば、スポーティグレードのネス(Ness)では標準装備される?という話もあるそうですが、この辺りはやはり正確な情報が入ってくるまでは何とも言え無さそう。

ただ、ステアリングの位置調整については現行「フィット3」同様にチルト&テレスコピックを標準採用しているとのことなので、調整は非常にしやすいのではないかと思います。

☆★☆新型「フィット4(FIT4)」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:MotorAuthority

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう