遂に来た!トヨタ新型「グランエース(海外名:グランビア)」が国内にて発表決定。東京モーターショー2019でも先行初公開されることに

~遂に日本市場向けとなる新型「グランエース」が世界初公開!~

via:https://global.toyota/jp/

トヨタは本日10月8日、日本国内向けとなる新型「ハイエース」の高級フルサイズワゴン・新型「グランエース(Granace)」を年内に登場することを明らかにしました(発表は11月26日予定)。
海外では新型「グランビア(Granvia)」として販売されている個体ですが、日本では「グランエース」という名称になり、更には10月23日より開催される東京モーターショー2019にて先行初公開されることが決定しています。

スポンサーリンク

~海外の新型「ハイエース」をベースにしたセミボンネットを採用~

via:https://global.toyota/jp/

新型「グランエース」は、全長5,300mm×全幅1,970mm×全高1,990mm、ホイールベース3,210mmと非常に大柄なボディサイズとなり、これまで日本国内にて販売されている「ハイエース」のようなキャブオーバースタイルではなく、安全性を考慮してセミキャブオーバータイプとして登場。

via:https://global.toyota/jp/

そしてグレードとしては、3列シート6人乗りと4列シート8人乗りの2種類がラインナップされるそうで、それぞれPremiumとGというグレードにて設定。

via:https://global.toyota/jp/

何れのグレードにおいてもパワートレインは排気量2.8L 1GD-FTV型直列4気筒ディーゼルターボエンジン(最高出力160ps/最大トルク420Nm)が搭載されるとのことです。
その他ボディカラーについては、「ホワイトパールクリスタルシャイン/シルバーメタリック/グレーメタリック/ソリッドブラック」の4色をラインナップ予定。

~新型「グランエース」の特徴を見ていこう~

via:https://global.toyota/jp/

それ以外の特徴については、以下のトヨタ・プレスリリースの通り。

①「圧倒的な存在感と高級感」を実現した外形スタイル
金属調加飾の大型ラジエーターグリルをヘッドランプと融合させ、上下、左右方向に張り出させることで、華やかかつ、押し出しの強いフロントフェイスを実現。
グリルと連続しヘッドランプに突き刺さる特徴的なLEDデイタイムランニングランプとクロム加飾フレームで一括りにしたプロジェクター式2眼LEDヘッドランプが高級車に相応しい先進性を表現

②「上質」で「華やか」なコックピット空間
ブラックを基調としたインストルメントパネルは、空調吹き出し部に金属調加飾、助手席正面に木目調加飾を配して華やかさを演出。またメーターフードには、表皮巻きと本ステッチを施し上質さを表現

③広さを活かした上質なおもてなし空間
・3列6人乗りに加え、4列8人乗りのタイプも設定。ユーザーの多様なニーズに応じ選択可能

・セカンドシートならびにサードシートの4席には、ゆったりとくつろげる専用の本革キャプテンシートを採用し、上質な移動空間を提供。座り心地の良さに加え、ロングスライド機構やオットマン機構などを装備し、快適性や利便性の良さも追求

・後席のお客様を包み込むように、フロントシート背面からサイドトリムに向かって配した木目調加飾。加飾に沿って優しく灯されるLEDサイドカラーイルミネーションによって、華やかさと落ち着きのある上質感を表現

④磨き抜かれた高い基本性能
・FRレイアウトを採用。1GD 2.8Lクリーンディーゼルエンジンと6速オートマチックトランスミッションを搭載し、滑らかさに加え低回転からトルクフルな走行を実現

・リヤの足回りには新開発トレーリングリンク車軸式リヤサスペンションを採用。環状骨格構造採用などボディ剛性の高さと相まって、上質な乗り心地と優れた操縦安定性を実現

・徹底した振動、遮音対策などによって、様々な道路環境においても高級ワゴンにふさわしい心地よい静粛性を追求

⑤充実の先進装備
・歩行者(昼夜)や自転車運転者(昼間)を検知対象に加えたプリクラッシュセーフティ採用の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を装備

・駐車場など低速走行時における衝突緩和、被害軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]などの安全・安心をサポートする装備も充実

・先進のディスプレイオーディオ(DA)を装備。SDL*7などのスマートフォン連携機能*8によって、スマートフォンで普段利用している地図アプリや音楽アプリなどをディスプレイ上で表示・操作が可能

via:Toyota

☆★☆新型「グランビア」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:Toyota

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう