マツダ・新型「RX-9」?ニュルブルクリンクにて「RX-8」のガワを被った謎の開発車両がまたまた登場【動画有】

~一体このテストカーは何なんだ?~

2019年7月頃、ドイツ・ニュルブルクリンクサーキットにてマツダ「RX-8」のガワを被り、更にはフロントエンドにカモフラージュの偽装ラッピングを施した謎の開発車両が目撃されていましたが、今回もまた同所にて全く同じ開発車両が目撃されています。

以前より噂されていた情報では、「外側はRX-8なんだけど、中身は次期RX」という考えで、もしかするとSKYACTIV-Rを意味する新世代ロータリーエンジンのテスト走行を行っている可能性があるのではないか?という内容でした。

もちろん、確証を得た情報では無い為、この個体がどういった目的でテストを行っているかはわからないものの、一つだけ言えることはマツダが2019年前半に、全く新しいロータリーユニットに関する特許画像を公開していることから、もしかするとソレが搭載される可能性もあるかもしれません。

スポンサーリンク

~マツダの財産でもあるロータリー技術はそう簡単に登場するとも限らない~

なお、次期ロータリースポーツモデルには、2ロータリーエンジン+レンジエクステンダーを用いたハイブリッド仕様になると噂されていますが、実際マツダはロータリーエンジンの開発・研究を続けていることは明確にしており、しかし今後はSKYACTIV-Xやラージ群プラットフォーム、直6エンジンの開発・改良に力を入れていくことを考えると、とてもじゃないけどロータリーエンジンに資金を投入する余裕がない、とも説明していて、このモデルの優先度的にはそこまで高くない?という見方もあるそうです。

ちなみに新開発ロータリエンジンのパワートレインは、以前と変わらず排気量1.6L 2ローターエンジン+レンジエクステンダーハイブリッドシステムによりシステム総出力は450hpを発揮するものと思われ、加えて車体重量はコンパクトカーよりも軽い1,200kg台に調整してくる可能性が高そう。

【IS MAZDA TESTING A NEW ROTARY ENGINE WITH THIS RX-8 AT THE NÜRBURGRING?】

☆★☆マツダ・ロータリー関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう