スピンドルグリルはどこいった!レクサスが全く新しいコンセプトモデルを東京モーターショー2019にて”期間限定”発表!次期「CT」をイメージしたEVコンセプトカー?【動画有】

~これが次期「CT」をイメージしたEVモデルなのか?~

via:https://global.toyota/jp/

いよいよ10月23日より開催される東京モーターショー2019プレスデーより、レクサス初のEVコンセプトモデルが世界初公開されることが判明し、更には2秒程の超ショートなティーザー映像も公開されました。

しかも今回公開されるコンセプトモデルは、10月23日~24日のプレスデー並びに特別招待を対象としたメディア・芸能人等だけが生で拝見できる”期間限定”の特別出展ということで、10月25日~11月4日の一般公開では出展されないことが発覚しています。

スポンサーリンク

~コンセプトベースは「LF-SA」が濃厚?~

また今回公開されているティーザー映像では、恐らくLEDフロントヘッドライトとLEDデイタイムランニングライトらしき部分が点灯しているシーンが公開されているのではないかと思いますが、過去に自動車ニュースサイトAutocarの情報によれば、2015年に発表した「LF-SAコンセプト」からインスピレーションを受けた電動ハッチバックモデルを発表する可能性が高いと報道していて、更に言ってしまえば、現行「CT200h」のEV仕様へと置き換えた次期型コンセプトに相当する一台の可能性も秘めています。

なお今回のティーザー映像ではほとんど確認することのできない、レクサスのアイデンティティともいえるスピンドルグリルが全く確認できず、しかしEVモデルであろうとも、このスピンドルグリルについては継続していく可能性はあるでしょうし、レクサスのデザインジェネラルマネージャーである須賀厚一 氏も、「スピンドルグリルはレクサスそのものを表現していて、個性を表現していることにもなる。ブランドのアイデンティティの中でも重要なポイントでもあるため、そのまま継続して採用する」とも説明していました。

そして最も気になる競合モデルについては、まだまだこれから細かい仕様を決めていくことになると思いますが、EVタイプのハッチバックモデルともなれば、最も身近なテスラ「モデル3」ではないかと予想していて、恐らく価格帯についても400万円~450万円程にて設定してくると考えられています。

市販時期については、今のところ早くて2021年を予定しているとのことで、このタイミングに合わせて日本市場や欧州市場にて販売されている「CT200h」がどうなるのか?も非常に気になるところです。

【EVコンセプトカー】

☆★☆レクサス関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:TOYOTA

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう