ある意味衝撃ニュース?(米)スバルの売上販売台数更新記録が93か月目にしてストップ。2019年9月にして初のマイナスに

~意外と取り上げられていなかったが、93か月も連続で販売台数を更新してきたのは凄いことだ~

スバル・アメリカが93か月連続で更新してきた売上販売台数記録が、遂に2019年9月の販売売上の結果よりストップしていたことが判明。
スバル・アメリカの報告によると、2019年9月の販売台数は51,659台とまずまずの売り上げを記録していたのですが、2018年9月と比較すると9.4%もマイナスになっていたことが判明。

スポンサーリンク

~その一方で利益率は高く、10月は更に販売台数が伸びる可能性も~

但し、売上としては2018年9月に比べて+4.4%アップしているとのことで、これだけ車両本体の価格帯が年々上がっているにも関わらず、その分安全性や品質も向上しているということもあり、上位グレードのモデルが多く販売されていることに加え、更に2019年1月~9月の販売台数は525,329台と非常に高い記録的な数値となっています。

なおスバルCEOのトーマス・J・ドール氏の説明によれば「前世代モデルのレガシィやアウトバックが売り切れたことも影響し(フルモデルチェンジを控えていたこともあり…)、捌ける車がほとんど無かった。その代り10月の販売台数は更に伸びるとことが期待でき、年間70万台突破も達成できるかもしれない」と自信を示しています。

【(米)スバル新型車販売台数一覧(2019年9月度)】

・「フォレスター」:13,421台(前年同月-0.2%)
・「インプレッサ」:5,861台(前年同月-5.3%)
・「WRX/STI」:1,385台(前年同月-41.9%)
・「アセント」:5,319台(前年同月-9.2%)
・「レガシィ」:2,386台(前年同月-33.9%)
・「アウトバック」:11,281台(前年同月-12.5%)
・「BRZ」:111台(前年同月-60.9%)
・「クロストレック」:11,895台(前年同月-3.9%)
合計:51,659台(前年同月-9.4%)

☆★☆スバル関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう