過激チューナーArtisanが、トヨタ「80スープラ」風リヤウィングを装着した「86(ハチロク)」を公開!ワイドボディも採用で良い感じのゴリゴリ具合に

~まさかの「80スープラ」の要素を「86」に受け継ぐとは~

トヨタやレクサスを中心としたエアロパーツブランドでお馴染みアーティシャン・スピリッツ(Artisan Spirits)が、トヨタの2ドアスポーツクーペ「86(ハチロク)」をベースとした専用ワイドボディキットに加え、何と「80スープラ」にも搭載される過激リヤウィングを装着したオマージュカスタムモデルを公開しました。

今回公開されたカスタムモデルは、先述の通り映画「ワイルドスピード」にてブライアンが乗っていたモデルにも選ばれたことのある「80スープラ」を想起させる大型固定式リヤウィングを装着し、スポーティさや過激さだけでなく、美しい曲線美も描いた理想的な一台となっています。

スポンサーリンク

~ワイドボディキットも装着されゴリゴリ感も加味~

もちろん、こうした固定式リヤウィングを装着するだけでなくオーバーフェンダー付となるフロント・リヤホイールアーチや、専用フロントバンパー、ブラックプラスチックスプリッター(カーボンではないのがちょっと残念)も装着。

その他にも、BBSルックのブラックアルミホイールや新デザインのリヤバンパー、両サイド2本だしとなるクワッドエキゾーストパイプもインストールされ、全体的にボリューミーで豪華な仕上がりとなっています。

リヤエンドから見てみるとこんな感じ。
若干足回りもネガキャン仕様になっていますが、フレアフェンダーにあるダミーダクトのラインにも上手く沿っていてしっかりとまとまっているように見えますし、アーティシャン・スピリッツ特有のゴリゴリ感もしっかりと残しているところはグッド。

最近では新型「GRスープラ」に「80スープラ」の要素を取り入れたカスタムモデルが多く存在していますが、個人的には「86」に「80スープラ」を取り入れた方がより一体感が強くなっているように感じられるので、こちらの方が好みだったりしますね。

☆★☆Artisan Spirits関連記事4選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう