これが最後?フルモデルチェンジ版・ホンダ新型「フィット4(FIT4)」の開発車両が2台登場!グレードによってはフロントフォグランプが設定されない可能性も?

2019-10-16

~もしかしたら新型「フィット4」のテストカー目撃情報はこれが最後の可能性も?~

10月23日より開催される東京モーターショー2019プレスデーまで、残り約1週間となりましたが、ここにきて最終調整?に入っていると思われるホンダのフルモデルチェンジ版・新型「フィット4(Honda FIT4)」と思われる開発車両が目撃されています(情報提供いただけたT様には心より感謝!)。

三重県の仮ナンバーを装着している新型「フィット4」の開発車両ですが、やはり発表ギリギリまでカモフラージュが剥がれることは無く、かなり分厚い形でデザインがはっきりとわからないようになっていますね。
ただ、今回目撃されている2台は、いずれもグリルレスでボディカラーと同色素地のバンパーを採用しているハッチバック(MPV)タイプであり、SUVテイストのクロスター(CROSSTAR)はテスト走行されていないようですね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~もしかするとグレードによってフロントフォグランプが装着されないモノも?~

以前当ブログにて新型「フィット4」のカモフラージュ一切無しとなるプロトタイプモデルのスパイショットを、どこよりも早く公開してきた通り、フロントデザインはルノーやスマート、MINIといった欧州車のような雰囲気を漂わせ、フロントヘッドライトは非常に大型化し、U字型のLEDデイタイムランニングライトとプロジェクタ式のLEDヘッドライトが非常に印象的な一台となっています。

改めて開発車両を見直していきましょう。
今回目撃されている開発車両のフロントヘッドライト周りはほとんどカモフラージュされていませんが、左側の車両はU字型のLEDデイタイムランニングライトが点灯し、右側は特に点灯無し。

そして最も気になるのが、左側のフロントロア部分にはフォグランプらしきユニットが装着されているように見えますが、右側にはそれらしきモノが装着されいない(カモフラージュラップで隠している?)ように見えますね。

もしかしたらグレードによってフォグランプの有無があるのかもしれませんが、そうなると輝度の関係でフロントヘッドライトの形状やデザインも変更される可能性がありますし、この辺りはやはりグレード別の主要装備を見てみないとわからないところですね。

~バックランプやウィンカーはLEDではなく豆球で決定!~

そしてこちらはリヤデザイン。
遠目からなのではっきりとはわからないものの、リヤテールランプは現行「フィット3」の縦型から横型へと変更。

そしてこれは実際に担当セールスさんが新型「フィット4」の勉強会の際に確認したことになるのですが、リヤテールのバックランプやウィンカー、そしてフロントウィンカーはLEDではなく豆球ランプになるとのことですから(実際にセールスさんからメーカにも確認済み)、この辺りのチープさはちょっと際立っているかもしれないとのことです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

極秘テスト車両でしょうか? 一緒にN-BOXも走ってたので もしかしてFIT? #極秘テスト車両 #新型フィット?

Toshiyuki Takaiさん(@toshi_dc5_rsx21)がシェアした投稿 –

☆★☆新型「フィット4」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう