既にデザインリークしたホンダ「フィット(FIT)」ベースのフルモデルチェンジ版・新型「シティ(City)」の開発車両が登場!顔つきは新型「アコード」風?

~デザインリーク後で狙ったかのように開発車両が登場~

前回、タイ市場をメインに販売を手掛けるホンダオートモービル(タイランド)カンパニー・リミテッド(HATC)より、ハッチバック(MPV)モデル「フィット(FIT)」をベースにした4ドアセダンモデルとなるフルモデルチェンジ版・新型「シティ(City)」を11月に発売スタートすることが明らかとなり、更には新型「シティ」の画像やエンジンスペックがリーク。
そして今回、デザインが明らかになった上で新型「シティ」の開発車両が目撃されています。

今回目撃されている個体は、新設計のLEDフロントヘッドランプやフロントバンパー、ワイドなフロントグリル、若干大型化している”Honda”ロゴのエンブレムを採用することで、全体の顔つきが大きく変化していることがわかります。

そしてそのフロントフェイスのデザインは、10代目となる新型「アコード」からインスピレーションを受けたようなアグレッシブな顔つきとなり、タイ市場でも高い人気を得る一台となるかもしれません。

スポンサーリンク

~エンジンはやはり2種類、装備内容も非常に充実~

リヤデザインのワイド感もかなりのものがありますね。
タイヤはかなり内側に引っ込んでいますが、スポーティな社外製ホイールでも十分クールな側面を見せてくれそうな気がします。

またリヤテールランプについては、カモフラージュラッピングの仕方が新型「フィット4」に非常にそっくりでもあることから、縦型ではなく横型のワイドなテールランプとなることが予想されます。

そのほかの装備内容としては、ワイヤレス充電器やApple CarPlay/Android Autoを備える新しいタッチスクリーンインフォテイメントシステム、コネクテッドカーソリューションと多機能性を持つ装備が充実。

パワートレインについても、新型「シビック・クーペ(Civic Coupe)」にも採用のダインサイジングターボとなる排気量1.0L 直列3気筒VTECターボエンジン(最高出力120ps/最大トルク200Nm)が搭載され、トランスミッションは6速MT/CVTの何れかから選択が可能になるとのこと。

そしてもう一つは、既にラインナップが確定している排気量1.5L 直列4気筒i-VTECエンジン+デュアルモータを組合わせた新開発Sport Hybrid i-MMDハイブリッドシステムも搭載するとのことで、このパワートレインはフルモデルチェンジ版・新型「フィット4」にも搭載される予定となっています。

☆★☆新型「フィット4」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:IndianAutosBlog

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう