かなり見えてきた!フルモデルチェンジ版・日産の新型「エクストレイル(海外名:ローグ)」の開発車両をキャッチ!インテリアのメータ類はフルデジタルに進化

~ようやくその姿が徐々に明らかになってきた新型「エクストレイル」~

先日、三菱のフルモデルチェンジ版・新型「アウトランダーPHEV(Mitsubishi Outlander PHEV)」と思われる開発車両が目撃されていましたが、今回その兄弟車種といわれている日産のフルモデルチェンジ版・新型「エクストレイル(海外名:ローグ)」の開発車両がキャッチされています。

これまで何度か目撃されてきた新型「エクストレイル」の開発車両ですが、カモフラージュが相当に分厚くあまり細かいデザインを確認することはできなかったものの、今回ようやくそのカモフラージュが薄くなり、フロントエンドのデザインが少しわかるようになり、更にはインテリアデザインもある程度確認できるようになっています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~フロントヘッドライトとデイタイムランニングライトは独立式になる?~

早速のその外観を見ていくと、フロントエンドにはダイナミックなVモーショングリルを採用し、フロントヘッドライトはかなり低い位置に設けられているのが確認できますね。

フロントフェンダーには、オレンジカラーのリフレクターも確認できますが、それよりも低い位置にフロントヘッドライトがあることから、もしかすると新型「ジューク」のようなLEDデイタイムランニングライトとフロントヘッドライトが独立したデザインへと変更されるのかもしれませんね。

フロントプロファイルから見た新型「エクストレイル」ですが、やはりフロントLEDデイタイムランニングライトが上部にあるようにも見え、より一層三菱チックな顔つきに変化する可能性が高そう。

サイドから見たスタイリングはこんな感じ。
ミドルサイズSUVらしいドッシリとした構えと、足元には大口径アルミホイールを装着。
トップルーフからリヤエンドには若干下っていくような滑らかクーペボディの様にも見えますね。

こちらがリヤデザイン。
かなりカモフラージュは分厚めですが、現行「エクストレイル」よりも若干ワイドになる可能性もあるものの、そこまで大きな変更は無いかもしれません。

~インテリアはかなり進化していることがわかる~

続いては最も気になるインテリアを見ていきましょう。
遂にメータ類はフルデジタル仕様へと進化し、しっかりとパドルシフトも装備。

センターには大型のインフォテイメントディスプレイをインストール、そしてHVACシステム専用モニターも採用していますね。
また大型インフォテイメントディスプレイの直下には、「進む/戻る/オーディオ/メニュー/マップ/カメラ」といったショートカットスイッチも準備。

ちなみにデジタルメータには、タコメータやスピードメータ、ナビゲーション指示が採用されていることが確認できますね。
ステアリングホイールにも、インフォテイメント用のコントロールスイッチが多数装備されています。

こちらはセンターコンソール部分。
非常にシンプルでスマートなシフトノブを搭載し、その下には電動パーキングブレーキシステムとオートブレーキホールドらしきスイッチが搭載されています。

☆★☆「エクストレイル」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう