【前代未聞!】東京モーターショー2019の出展情報並びに車両名称が”アマゾン”から完全リーク!マツダのEVモデルは「MX-30」、日産のEVモデルは「ARIYAコンセプト」で決定!そして新型「フィット4」のデザインも…【動画有】

2020-01-18

~まさかこんなカタチで東京モーターショー2019の出展情報がリークするとは…~

いよいよ来週の10月23日より開催される東京モーターショー2019ですが、何とこのモーターショーにて出展される個体が、インターネット通販サイト「アマゾン(Amazon)」より完全リークしています。

厳密には、10月24日(東京モーターショー2019プレスデー後なので、名称なども全て決定した後に販売)より発売される自動車情報誌CARトップの表紙からのリークとなりますが、この表紙に飾られている車両全てが東京モーターショー2019に出展される個体であり、更にはこれまで明らかにされなかった車両名称も判明していますね。

ちなみに、表紙に記載されているメーカ別の車両名称は以下の通り。

[トヨタ]
・新型ミライ(MIRAI)・コンセプト
・LQコンセプト
・新型グランエース(GRANACE)
・e-Palette

[レクサス]
・EVコンセプト

[ダイハツ]
・WAKUWAKU(ワクワク)
・TsumuTsumu(ツムツム)
・IcoIco(イコイコ)

[日産]
・ARIYAコンセプト
・IMk

[スズキ]
・ハスラー・コンセプト
・WAKUスポ(ワクスポ)
・HANARE(ハナレ)

[ホンダ]
・新型フィット
・ホンダe

[マツダ]
・MX-30コンセプト

[スバル]
・新型レヴォーグ・プロトタイプ
・WRX STI EJ20ファイナルエディション

[三菱]
・MI-TECHコンセプト

スポンサーリンク

~マツダ初のピュアEVは「MX-30コンセプト」で決定~

なお、上の画像にもある通り、以前より度々目撃されてきたスバル・新型「レヴォーグ・プロトタイプ」のデザインと、マツダ初となるピュアEVモデルの名称は「MX-30コンセプト」で決定しているようですね。
特に新型「MX-30コンセプト」は、フロントグリルがほぼレス状態になっていますし、ボディスタイルもファストバックとクロスオーバーを組合わせたようなクーペSUVを採用しています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

~日産のサプライズSUVモデルは「ARIYAコンセプト」~

そして日産が新たに発表するコンセプトモデルが「ARIYAコンセプト」となるわけですが、これは以下の日産の公式ツイッターでもティーザー映像を公開していたので、恐らくこのモデルになるのではないかと推測しています。

~三菱「MI-TECHコンセプト」は想像以上にメカメカしいかも~

そして最後は三菱の全く新しいコンセプトモデル「MI-TECH(マイテック)コンセプト」。
発電用エンジンを従来のガソリンエンジンからガスタービンエンジンとして軽量・小型化を図ったPHEVシステム搭載のコンパクトSUVとなりますが、まるでバギーカーのような過激なスタイルを持ち、フロントエンドもかなり過激なダイナミックシールドグリルを採用していますね。

☆★☆東京モーターショー2019関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:Amazon

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう