ホンダ新型「CR-V」の姉妹車・新型「ブリーズ(Breeze)」の公式画像が続々と追加。やはり日本での市販化を強く希望するカッコいい一台

~新型「ブリーズ」の魅力的な画像が新たに追加!~

9月25日より発売の中国専売モデルとなる広州汽車との提携によって誕生したホンダ新型「ブリーズ(Guangqi Honda Breeze)」。
つい先日、ようやく一般向けにも公開されたため、その詳細画像をお届けしましたが、今回はホンダ公式ホームページより新型「ブリーズ」の公式画像が新たに公開されました。

スポンサーリンク

~早速新型「ブリーズ」の画像をチェックしていこう~

今回公開されている新型「ブリーズ」ですが、武骨さの残るオフロード志向の「CR-V」とは異なり、よりスポーティでエレガントさを追求した一台となります(トヨタ新型「ハリアー」のような存在?)。
また新型「ブリーズ」では、ホンダコネクトシステムや自動運転の先駆けとなるHonda SENSINGも標準装備。

以前より当ブログでも何度かお伝えしてきましたが、新型「ブリーズ」はプレミアムSUVに相当する高級感とスポーティさを兼ね備えた一台でもあるため、ホンダが自信を持ってグローバルに展開してほしい一台ですし、中国市場に留まらず日本市場でも発売すれば確実に売れる一台だと思っています。

残念ながら、日本市場での発売の可能性は限りなくゼロに近いですが、何れは日本市場でも拝見できる日が来たらとは思いますね。

リヤデザインは、フロントに比べて非常にシンプル且つ線の細いデザインとなっています。
特にリヤテールランプは想像以上に細くシームレスなL字形状を採用し、リヤエキゾーストパイプもちょっとコンパクトではありますが、両サイド1本出しのデュアルエキゾーストパイプをインストールしています。

~リセールもかなり高そうなブラック・エディションも見ていこう~

そしてもう一つホンダが自信を持って提供するのが、オプションにて設定可能な”ブラック・エディション(Black Edition)”。

その内容としては、タイヤサイズが235/65 R17 104Hと235/55 R19 101Yの何れかより選択が可能で、フロントフォグランプやBピラー/Cピラーウィンドウのブラックアクセント追加、ホイール・ドア・バックバンプのブラックアウト、ブラウン系のフロントクロームアクセント、フロント・リヤレーダー、カメラ付外部ミラー(右のみ)、パノラマサンルーフが全て装備された非常に豪華でスポーティなセットオプションとなっています。

~改めて新型「ブリーズ」を仕様を見ていこう~

ボディスタイルについては、全長4,634mm×全幅1,855×全高1,679mm、ホイールベース2,661mmと非常にワイド&ローで、コンパクトSUVではなくミドルサイズに近く、しかしオフロード向きではなく都会派に近いような出で立ちでもありますね。

最後にパワートレインについては、排気量1.5L 直列4気筒ターボエンジン(最高出力193ps/最大トルク243Nm)と、排気量2.0L 直列4気筒i-VTECエンジン+電気モータを組合わせたi-MMDハイブリッドシステム(システム総出力215ps/最大トルク315Nm)の2種類をラインナップ。

駆動方式は前輪駆動(2WD)/四輪駆動(AWD)の何れかから選択が可能であり、価格帯としては非常にお得感のある約270万円からの販売となりますし、トヨタ「ハリアー」やマツダ「CX-5」、三菱「アウトランダー」、日産「エクストレイル」に十分対抗できる一台だと思います。

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:KEYAUTO.MY

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう