何か映画「ワイスピ」に登場しそう。トヨタ新型「GRスープラ」に超絶過激な大型リヤウィングを装着してみた

~これまた凄い「GRスープラ」が登場したな…~

BMWとの共同開発により誕生したトヨタ新型2ドアスポーツクーペ「GRスープラ(Toyota GR Supra)」。
数多くのチューナによって様々なチューニングモデルが開発され、自動車系ユーチューバもカスタムを施したモデルを公開するなど、既に大人のオモチャ扱いとなっているこのモデルですが、今回新たなチューナであるアメリカ・カリフォルニア州に拠点を置くAuto Tunedが更に過激なワイドボディキットを装備する「GRスープラ」を公開しています。

スポンサーリンク

~若干ネタにも見えてしまう程の過激過ぎる大型リヤウィング~

最も注目すべきポイントは、やはりこの超大型リヤウィングかと思いますが、元々採用されている「GRスープラ」のリヤトランクスポイラーと上手くマッチするような形で大型リヤウィングがポン付けされていて、いかにもこれからGTレースに参戦できるかのような雰囲気さえ漂ってきますし、映画「ワイルドスピード」でも登場しそうな過激な仕上がりとなっています。

もちろん、大型リヤウィングだけでなく、フロントリップスポイラーやサイドスカート、専用アルミホイールを装着することで空力特性を向上させ、車体のバランスも大幅に強化。
エンジンチューニングについては特に記載はないものの、敢えてBMW製の排気量3.0L 直列6気筒ツインスクロールターボエンジンではなく、「80スープラ」に搭載の2JZ-GTE製直6エンジンをぶち込んで貰えたら、更に過激な一台になるのではないかと思いますね。

☆★☆「GRスープラ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう